革命と住宅(2) ドム・コムーナ──社会主義的住まいの実験(後篇)|本田晃子

2021年2月19日刊行『ゲンロンβ58』

前篇はこちら

4.ドム・コムーナから社会主義都市へ

 深刻な住宅難にあえぐ当時のソ連の大都市では、住まいを確保することは多くの人びとにとって文字通り死活問題だった。けれどもその一方で、「新しいブィト」の導入への関心は低かった。そのような現状をふまえたうえで、人びとを社会主義的生活様式へと導くための「移行型」ドム・コムーナの設計に取り組んだのが、構成主義期建築運動のリーダーの1人であった、モイセイ・ギンズブルグだった。ギンズブルグはロシア共和国の建設委員会ストロイコム Стройком に所属し、同僚の構成主義建築家らともに、旧来の家族単位のフラット型から、寮やホテルのような寝室のみからなるワンルーム型まで、さまざまなタイプの集合住宅のモデルを開発した。

 例えばギンズブルグ・チームによって生み出されたA型モデルは、既存の集合住宅の面積を縮小し合理化したもので、4人向け(54平方メートル程度)のA-2型と、5−7人向け(70平方メートル程度)のA-3型【図1】の2種類が制作された[★1]。いずれのタイプでも各戸に独立した台所と浴室が設けられており、家族単位の生活様式を前提としていた。対して、集団化が最もラディカルに進められたのはE型モデルだった。E型モデルには、机とベッドのみからなる2−4人向けのメゾネット形式の6部屋(定員22名)がひとつのユニットを構成するE-123型と、全室が9−10平方メートルのワンルームのタイプE-1型【図2】があった。両タイプとも共用廊下が通路としてだけでなく食堂や共同キッチン、レクリエーション・ルームとして機能することになっていた【図3】[★2]
 

【図1】A-3型の平面図(階段を挟んで左右に同じタイプの3DKのフラットが配置されている)
 

【図2】E-1型の平面図(ワンフロアに同型の個室が並び、共用廊下にはレクリエーション・ルーム、休憩室、男女別トイレ、食堂などが配置されている)
 

【図3】E-1型の共用廊下のパースペクティヴ
 

この記事は有料会員限定です

ログインする

月額課金購読する

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1979年岡山県岡山市生まれ。1998年、早稲田大学教育学部へ入学。2002年、東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学表象文化論分野へ進学。2011年、同博士課程において博士号取得。日本学術振興会特別研究員、北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター非常勤研究員、日露青年交流センター若手研究者等フェローシップなどを経て、現在は岡山大学文学部准教授。著書に『天体建築論 レオニドフとソ連邦の紙上建築時代』(東京大学出版会)。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ

関連記事