当事者から共事者へ(10) 家族と共事|小松理虔

初出:2021年3月24日刊行『ゲンロンβ59』

「さわちゃんのパパさん、書いた絵本で賞を取ったんですよね? うちの息子が、さわちゃんから聞いたって言ってましたよ」

 

 娘(佐和、と名付けた)の幼稚園にお迎えに行ったとき、娘のクラスメートのお母さんからそう言われた。え? 絵本? いつの間にそんな話に? と思ったのだが、最初から説明すると長くなりそうだし、そのママさんに「作家気取りかよ」と思われるのも嫌なので、ええ、まあ、みたいな感じでごまかしてしまった(こっちの方が逆に気取ってると思われたかもしれない)。世のパパが一番気合を入れて働いているであろう平日の午後3時あたりにふらっとお迎えに来ては、園児たちと奇声をあげながら園庭で遊んでいたりするので、ただでさえ「怪しいお父さん」として認知されているであろうぼくが、幼稚園のママ友コミュニティで「絵本作家」として知られたら大変だ……。

 家に帰ってきて事情を聞いてみると、どうやら娘は、ぼくの仕事は絵本を書くことだと思っていて、ちょっと前にはその絵本で優勝したんだとクラスメートに話していたそうだ。さらに話を聞いてみると、どうやら彼女は本はみな「絵本」だと思っていたらしい。彼女は「本」を知る前に「絵本」を知った。イラストがたくさん書いてあろうと、文字がたくさん書いてあろうと、彼女にとって本はすべて「絵本」だったのだ。それはなんというか……とても素敵な考え方だ。そして、その「絵本」を書いているぼくのことを、ちょっと誇らしく思ってくれていることがうかがい知れて、とてもうれしかった。絵本作家として胸を張っていこう。

 

 我が家に「絵本」のラインナップが増えた。昨年11月末には、浜松市のアートNPOクリエイティブサポートレッツとの関わりをまとめた『ただ、そこにいる人たち』(現代書館)が発売された。年明け1月には、地方暮らしのリアルを書き綴った『地方を生きる』(ちくまプリマー新書)が世に出され、そしてこの3月11日には、『新復興論』(ゲンロン)の増補版が出たところだ。文章を書くことを専業とはしていないぼくが、たった4カ月ほどの間に連続して3冊もの本を世に送り出すことができたのは奇跡としか言いようがないし、書く機会をくださった関係者の皆さんにはただただ頭を垂れるほかない。コロナさえなければ、3人の担当編集者を招いて都内某所で派手に労いの宴会を開くところだが……、宴会はおろか書店イベントやトークイベントなどもなかなか開催できず、どこぞに書評は出てないかな、Amazonレビューはどうだろう、販促につながるインタビューのオファーは来ないかな、などと、本への反応にそわそわする日々を送っている。

この記事は有料会員限定です

ログインする

月額課金購読する

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する


 

+ その他の記事

1979年いわき市小名浜生まれ。ローカルアクティビスト。いわき市小名浜でオルタナティブスペース「UDOK.」を主宰しつつ、フリーランスの立場で地域の食や医療、福祉など、さまざまな分野の企画や情報発信に携わる。2018年、『新復興論』(ゲンロン)で大佛次郎論壇賞を受賞。著書に『地方を生きる』(ちくまプリマー新書)、共著に『ただ、そこにいる人たち』(現代書館)、『常磐線中心主義 ジョーバンセントリズム』(河出書房新社)、『ローカルメディアの仕事術』(学芸出版社)など。2021年3月に『新復興論 増補版』をゲンロンより刊行。 撮影:鈴木禎司

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ

関連記事