愛について――符合の現代文化論(8)「キャラクター化の暴力」の時代|さやわか

初出:2021年3月25日刊行『ゲンロンβ59』

 あるキャラクターについて、あるいは現実の人間について、言動や佇まいに記号性を感じることは、十分にありうる。しかしその記号と意味の結びつきを唯一無二のものと考え、固執してしまうと、相手をその範疇でのみ判断し、固有の人格として認めない「キャラクター化の暴力」へとつながる。

 しかし前回見たとおり、キャラクターが即暴力と結びついているわけではない。東浩紀が『動物化するポストモダン』(2001年)で提唱した「データベース消費」は、90年代のオタク文化を例に挙げながら、今日のポストモダン社会では記号に対する意味内容が常に書き換えられる可能性があるとしていた。つまりデータベース消費を行える社会なら、キャラクター化の暴力は回避できると。

 ところが現実は、東の考えたようにはならなかった。そもそも彼が分析の対象としたオタク文化すらが、キャラクター化の暴力から逃れられなかった。オタクたちはキャラクターを一面的に捉え、その範疇から逃れることを許さないようになっていった。声優やアイドルなど「三次元」のオタク文化が台頭した際には、人間すらキャラクターとして捉え、彼らの思う一対一の結びつきから逃れようとする者を許さなかった。そうした他人に対する傲慢さが引き金となって生まれる軋轢は、ゼロ年代以降、悪化の一途をたどっている。2010年代には恋愛スキャンダルに巻き込まれた女性アイドルの芸能生命が危ぶまれたり、アイドル自ら丸坊主になって謝罪するような事件が大きな話題となった。彼女たちがそこまで社会的に、また精神的に追い詰められたのも、彼女たちを「清純なアイドル」というキャラクターとして扱う世間からの抑圧があってこそだ。

 東が分析したオタクたちの消費行動には希望があった。ゼロ年代以降、何が変わってしまったのだろうか。

この記事は有料会員限定です

ログインする

月額課金購読する

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1974年生まれ。ライター、物語評論家、マンガ原作者。〈ゲンロン ひらめき☆マンガ教室〉主任講師。著書に『僕たちのゲーム史』、『文学の読み方』(いずれも星海社新書)、『キャラの思考法』(青土社)、『名探偵コナンと平成』(コア新書)、『ゲーム雑誌ガイドブック』(三才ブックス)など。編著に『マンガ家になる!』(ゲンロン、西島大介との共編)、マンガ原作に『キューティーミューティー』全5巻(LINEコミックス、作画・ふみふみこ)がある。近著に『世界を物語として生きるために』(青土社)。LINEマンガで『永守くんが一途すぎて困る。』(原作。作画・ふみふみこ)を連載中。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ

関連記事