世界は五反田から始まった(27) 焼け野原(4)|星野博美

初出:2021年3月24日刊行『ゲンロンβ59』

 2021年2月13日に福島県沖を震源として発生した地震は、品川区も震度4の揺れとなり、久々に緊張が走った。他の部屋は何事もなかったが、仕事部屋の本棚に適当につっこんでおいた本が崩れ、20冊ほど床に散乱した。片付けていたら、その中から山田風太郎の『戦中派不戦日記』(講談社文庫、2002年)が出てきた。

 それは買ったけれどまだ読んではいない、いわゆる「積ん読本」だった。2002年版なのでここ数年の間に買ったものと思われるが、特に山田風太郎の読者でもない自分がなぜこの本を買ったのか、理由も覚えていない。私が彼について知っていることといえば、『魔界転生』の著者だということくらいだった。それも小説を読んだわけではなく、1981年に公開された沢田研二主演の映画(深作欣二監督)に熱狂しただけ。

 なぜなんだ……記憶を遡っていく。そしてようやく、ネットで見かけた記述を思い出した。戦前東五反田にあった五反田劇場という映画館に、山田風太郎が通っていた、というものだ。

 それで本書を買った割にはそれも放りっぱなしで、地震で崩れたからようやく手にとるという体たらく。自分の怠惰さに情けなくなる。

山田風太郎と大五反田

 そしてようやくいまになって読み始めた。結論から先にいうと、山田風太郎は大五反田と関係大ありだった。
 

大五反田概略図 作成=編集部
 

この記事は有料会員限定です

ログインする

月額課金購読する

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1966年東京・戸越銀座生まれ。ノンフィクション作家、写真家。『転がる香港に苔は生えない』(文春文庫)で第32回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。『コンニャク屋漂流記』(文春文庫)で第2回いける本大賞、第63回読売文学賞「紀行・随筆」賞受賞。主な著書に『戸越銀座でつかまえて』(朝日文庫)、『島へ免許を取りに行く』(集英社文庫)、『愚か者、中国をゆく』(光文社新書)、『のりたまと煙突』(文春文庫)、『みんな彗星を見ていた―私的キリシタン探訪記』(文春文庫)、『今日はヒョウ柄を着る日』(岩波書店)など、写真集に『華南体感』(情報センター出版局)、『ホンコンフラワー』(平凡社)など。『ゲンロンβ』のほかに、読売新聞火曜日夕刊、AERA書評欄、集英社学芸WEBなどで連載中。

注目記事

世界は五反田から始まった

ピックアップ

NEWS

関連記事