革命と住宅(3) 第2章 コムナルカ──社会主義住宅のリアル(前篇)|本田晃子

初出:2021年4月21日刊行『ゲンロンβ60』

 社会主義は家族制度を否定し、家族を基本単位とした住宅も否定した。前回の連載では、十月革命後に既存の家に対するアンチテーゼとして生まれた、社会主義の理想の住宅ドム・コムーナを紹介した。これらの「社会主義的住宅」では、人びとは婚姻や血縁に基づいてではなく、同志愛によって構成されたコミューンを基盤に、共同生活をおくった。住人たちはキッチンや浴室、トイレなどの水回りを共同で利用するだけでなく、それぞれの給与を集めて共同基金を設け、生活に必用な費用はこの基金から支出された。私的財産の所有は否定され、家具から衣服に至るまであらゆるものが共有化された。また、それまで女性の無償労働とみなされてきた家事や育児などの家庭内の私的な労働は、ドム・コムーナに付属する食堂や保育園などの公共サービスによって代替されることになった(もっとも、実際にはこれらの施設はしばしば割愛されるか、不完全なかたちでしか実現されなかったが)。1920年代末には、このようなドム・コムーナの理念は都市のレベルまで拡大された。五カ年計画の開始とともにソ連各地に新しい都市の建設が決定され、これを受けて社会主義都市のあるべき姿を問う論争が巻き起こったのである。

 革命の理想に燃えるボリシェヴィキやコムソモール(青年共産党員)、一部の前衛建築家たちは、ドム・コムーナや社会主義都市を建設し、生活環境を物理的に共同化・集団化することで、社会主義的な心身をもった「新しい人間」を生み出せると信じていた。しかし彼らの壮大な実験は、まもなく他でもない党によって有害なユートピア主義と断じられた。社会主義住宅や社会主義都市をめぐる議論は、これをきっかけに急速に萎んでいった。一方、そのようなエリートたちの論争の傍らで、この時代の大多数の都市労働者は、すでに共同化・集団化された住宅に住んでいた。ただしそれはドム・コムーナの輝かしい理念の皮肉な反転像というべき、「コムナルカ」と呼ばれた空間だった。幼少期から20年以上の年月をコムナルカで過ごした詩人のヨシフ・ブロツキーは、そこでの生活について次のように述べている。

それ[コムナルカ:本田]は、人間の性質についてのあらゆる幻想を剥ぎとり、生活をその基礎まで剥き出しにする。君はおならの音量で誰がトイレに入っているのか判別できるようになるし、彼ないし彼女が朝食や夕食に何を食べたのかもわかるようになる。人びとがベッドで立てる音も、女たちにいつ生理が来るのかもわかるようになる。隣人はしばしば君に悲しみを打ち明けるし、急な痛みやあるいはもっと悪い何かが君に起きたときには、彼や彼女が救急車を呼んでくれる。君が一人暮らしの場合、いつか君が椅子の上で死んでいるのを見つけるのも彼や彼女だし、あるいはその逆も起こりうるだろう。[★1]

 極限まで人びとが互いに近接し、剥き出しの生を生きることを強いられた、社会主義住宅コムナルカ。これらの住宅はどのような経緯で誕生し、どのような住人を生み出し、どのようなイメージを与えられ、そしてどのような終焉を迎えたのだろうか。ここからは、全3回にわたってコムナルカの歴史をとりあげていきたい。

この記事は有料会員限定です

ログインする

月額課金購読する

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1979年岡山県岡山市生まれ。1998年、早稲田大学教育学部へ入学。2002年、東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学表象文化論分野へ進学。2011年、同博士課程において博士号取得。日本学術振興会特別研究員、北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター非常勤研究員、日露青年交流センター若手研究者等フェローシップなどを経て、現在は岡山大学文学部准教授。著書に『天体建築論 レオニドフとソ連邦の紙上建築時代』(東京大学出版会)。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ

関連記事