日付のあるノート、もしくは日記のようなもの(6) 頭のなかの闇(その2)――3月16日から4月19日|田中功起

初出:2021年4月21日刊行『ゲンロンβ60』

 2018年の夏、ぼくはホノルルの高層マンションで生活をしている。

 

 文化交流使という文化庁の事業があるんだけれども、ぼくはそれに選ばれた。文化交流使事業には日本文化を海外発信するという目的がある。例えば伝統文化についての実演やポップカルチャーについての紹介などが主なので、幅広く、いわゆる芸能人も選ばれたりする。ところでぼくの場合、発信すべき日本文化の「何か」を持ち合わせていない。ずいぶん前から話をもらっていたけど、最終的にぼくから提案したのは日系移民史についての調査をするということだった。ハワイからはじまり、アメリカ西海岸、そして最後にはブラジルに行くという日系移民が辿った道程をなぞる調査計画を立てた。

 ぼくが移民史のなかでも特に興味があったのは、太平洋戦争下での日系人強制収容についてである。よく知られているように、当時の大統領令によって、アメリカ本国も戦争状態にあるとされた。これによって在米日本人を含む日系アメリカ人(つまりアメリカ市民であるにもかかわらず)を敵性外国人と認定し、強制退去が命じられた。日系人たちは競馬場などに集められ、そのあと砂漠に建てられた簡易の収容所へと送られていった。有名なのはカリフォルニアにあるマンザナー強制収容所。いまそこに行くと博物館があり、当時の様子を再現したバラックも建てられている。戦中の日系人部隊の活躍や戦後の日系人の政界進出などによって、アメリカ西海岸に点在した収容所はアメリカ史のなかの汚点として、けれども頻繁に語られてきたと思う。ぼくもロサンゼルスに住んでいたときに全米日系人博物館やマンザナーを訪ねた。

 日系人が人口の約3分の1を占めるハワイにも収容所があったという事実はあまり知られていない。太平洋戦争当時、日系人の割合は40%を越えていた。ハワイにおいては数が多すぎてすべての日系人を収容できなかった。だから地域の指導者を中心に、一部の人々だけがターゲットにされた。それは不当な理由による強制収容だったにもかかわらず、日系コミュニティのなかではある種の「恥」として認識され、人々はその後、多くを語らなかったらしい。しかし近年になって、ハワイの自然のなかに埋もれてしまった収容所跡の発掘調査が行われ、2015年、そのひとつであるホノウリウリ収容所跡地が国定史跡(National Monument)に指定され、2019年には国立史跡(National Historic Site)となる。不当に収容された当時の人々への名誉回復の意味合いも強かったと思う。ぼくのハワイでの目的はこの収容所についての調査と、移民史研究者などへのインタビューだった。

 

 ぼくのプロジェクトのひとつに日本における在日コリアンに対するヘイトを題材にしたものがある。アメリカでの日系人に対する差別を調べているのも、「差別をする/される」という立場が地域によって入れ替わってしまうところからヘイトの問題を考えることができるんじゃないかと思っているからだ。もちろん文脈はまったく違うから簡単には接続できない。こうした比較はアカデミックな研究においては難しいかもしれない。でもアートの手法としては可能性がある。歴史を参照し、別々の事柄を結びつけ、現在の問題を逆照射する。現代美術の手法のひとつである。例えば現代美術が美術史に対峙するときの態度にはこの方法論が多用される。アーティストは美術史オタクのようなものだから、すぐに過去のアーティストとか古い作品とかの話をしたがる。歴史のなかに、無関係に見えていたもの同士の繋がりを見つけ、なかば強引な再解釈をすることで、美術史を更新してきたと思う。ぼくはそうした(少しいいかげんで、でも自由な?)方法論でもって過去と現在の社会(問題)を見直すこともありなんじゃないかなと思うのだ。

 

+ その他の記事

1975年生まれ。アーティスト。主に参加した展覧会にあいちトリエンナーレ(2019)、ミュンスター彫刻プロジェクト(2017)、ヴェネチア・ビエンナーレ(2017)など。2015年にドイツ銀行によるアーティスト・オブ・ザ・イヤー、2013年に参加したヴェネチア・ビエンナーレでは日本館が特別表彰を受ける。主な著作、作品集に『Vulnerable Histories (An Archive)』(JRP | Ringier、2018年)、『Precarious Practice』(Hatje Cantz、2015年)、『必然的にばらばらなものが生まれてくる』(武蔵野美術大学出版局、2014年)など。 写真=題府基之

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

関連記事