記憶とバーチャルのベルリン(1) 移動できない時代の「散歩の文学」――多和田葉子『百年の散歩』を読む|河野至恩

初出:2021年5月21日刊行『ゲンロンβ61』

2012年から13年にかけて、ゲンロン友の会の会報誌である『ゲンロンエトセトラ』にて「ライプツィヒから〈世界〉を見る」と題したエッセイを連載した。在外研究で1年間滞在したライプツィヒでの経験をもとに、ドイツの文化や日常生活、また、ドイツの日本学など、多岐にわたるトピックを扱った。今回より、その8年越しの続編として、「ベルリンをたどる」ことをテーマにエッセイを連載する。「ゲンロンα」に数ヶ月ごとの掲載、そのうちの一部は『ゲンロンβ』にも掲載される予定だ。現在、日本からは訪ねることのできないベルリンを、時には2019年-20年冬のベルリン滞在の記憶をたどりながら、時には書物やインターネットの媒体を通して探っていきたい。

ミュンヘン→羽田、2020年2月

 2020年2月3日、私は2ヶ月余りのベルリンでの在外研究を終え、帰国便の出発するミュンヘン空港で、洋服、生活の道具、本などの詰まったスーツケースなどの荷物の預け入れを済ませ、出国手続きを終えて、空港のカフェでドイツ最後の食事をしていた。

 帰国の少し前に、中国の武漢で新種のウィルスが猛威をふるっているというニュースを耳にし始めていた。日本の両親からは、マスクを確保したという連絡が届いていた。一方、ドイツではミュンヘン近郊で数人の感染者が確認されたという報道があったものの、空港で感染者に出くわすことはないだろうと思っていた。むしろ、ヨーロッパ各地で既にアジア人が差別的な言葉を投げかけられたという報道の方が、差し迫った危険に感じられた。

 搭乗した全日空の飛行機は、日付が変わって4日、無事羽田空港に到着し、私は特に大きな問題もなく入国審査を済ませ、久しぶりに帰宅した。

 

この記事は有料会員限定です

ログインする

月額課金購読する

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1972年生まれ。上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科・国際教養学部准教授。専門は比較文学・日本近代文学。著書に『世界の読者に伝えるということ』(講談社現代新書、2014年)、共編著に『日本文学の翻訳と流通』(勉誠出版、2018年)。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ

関連記事