言葉のままならなさに向き合う──一義性の時代の文学にむけて(前篇)|矢野利裕

初出:2021年5月21日刊行『ゲンロンβ61』
 編集部に矢野利裕氏から連絡があったのは昨年12月のことです。某大手文芸誌で掲載不可となった原稿を掲載できないかとのこと。一読して掲載を決め、細かい修正のやりとりをすることになりました。以下に掲載するのはその原稿です。前後篇に分けて掲載します。
 いまは言葉が文脈から切り離されるSNSの時代です。そのようななか、文学者からは言葉の「多義性」を擁護する議論ばかりが見られます。けれども矢野氏はむしろ、そこで切り捨てられた「一義性」の言葉のほうに、多様な読者に開かれる可能性があると指摘している。それはたんなるパラドックスではなく、教員でもあるご自身の実感に基づいた具体的な問題提起にもなっています。論旨は明快で、なぜこれが掲載を拒否されたのか、率直にいって理由がわかりません。もしこの原稿が「文学をわかっていない」ものだと捉えられたのだとすれば、まさにその態度こそが文学を貧しくしている元凶のように感じられます。
 読者のみなさんはどうお考えでしょうか。感想をお待ちしています。(編集長・東浩紀)

 

《一義性の時代》としての現代

 現代の言葉のありようについて考えている。

 印象的なものとして記憶に残っているのは、例えば次の例。2019年11月29日、「桜を見る会」をめぐる野党合同ヒアリングの場において、名簿作成の担当者を特定できるとした酒田元洋総務課長(以下、役職はいずれも当時)に対して、今井雅人議員(無所属)が「担当者に[招待状に記された]60から63の違いを確認してもらえませんか?」という要求をしたところ、酒田は「承知しました」と答えた。しかし、四日後の12月3日、酒田官房総務課長は「当時の担当者が特定できるということは申し上げましたけれども、確認をするということころまで確約したのかというと、私は記憶にございません」と不可解なことを言い出す。「“わかりました”というのは、そういうご趣旨は理解しましたけれども、“必ず確認をしてきます”ということを承諾したということではございません」と★1。要するに、酒田が言う「承知しました」は、「確認してもらえませんか?」という質問をされたことを認識した、という意味での「承知しました」であり、「確認する」という約束を意味する「承知しました」ではない、ということだ。子どもじみた詭弁としか思えない。

 同じような詭弁は、たびたびくり返される。2020年3月には、安倍首相がやはり「桜を見る会」をめぐるやりとりのなかで、「幅広く募っているという認識だった。募集しているという認識ではなかった」という理解のしにくい発言をしていた。自らの発言にまともに向き合おうとしない態度に、野党や左派論客からは批判が殺到する。日ごろやたらと「責任は私にある」と言いながらも、新型コロナウイルス対応のための緊急事態宣言発令のさいには、「私が責任を取ればいいものではありません」と言い放つ(2020年4月7日)様子も、このような態度の延長と言えるだろう。

 このような与党側の国会答弁に対しては、言葉を尊重しない政府側の態度が指摘されることも多い。例えば、コラムニストの小田嶋隆は、さきの酒田の発言に対して、「日本語が死んだ」「自分たちの国の言葉を壊してしまった」と批判している★2。しかし、与党の不誠実さが「言葉を壊してしまった」というのは必ずしも正しくないだろう。

 おそらく、以上のような言葉をめぐる問題の背後に横たわっているのは、前後の文脈や関係性、社会的な共通前提を軽視する態度である。「この状況で発されたこの言動は、このことを意味するに決まっているだろう」の「この状況」という文脈が軽視されている。だからこそ、酒田にしても安倍にしても、「あのときの発言は、そういうつもりではなかった」という言い逃れをおこなえてしまう。

 しかし、自民党批判は本稿のテーマではない。重要なのは、この文脈軽視の態度がイデオロギーの違いにかかわらず指摘される、ということだ。例えば、萩生田文部科学大臣による大学入試改革をめぐっての、いわゆる「身の丈発言」は★3、左派陣営から教育機会の不平等性を容認するような発言として強く批判されたが、右派陣営からすると、その類の批判は「身の丈」という言葉だけを都合良く切り取ったものとして、反論の対象にされた。

この記事は有料会員限定です

ログインする

月額課金購読する

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1983年生まれ。批評家、DJ、イラスト。文芸批評・音楽批評など。著書に『コミックソングがJ-POPを作った』(Pヴァイン)、『ジャニーズと日本』(講談社現代新書)、『SMAPは終わらない』(垣内出版)。共著に『ジャニ研! Twenty Twenty』(原書房)など。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ

関連記事