都市へ行きて、郷村に帰りし──エコロジカルでエシカルな中国現代建築の現在地|市川紘司

初出:2021年6月25日刊行『ゲンロンβ62』
 現代中国の「郷村」建築にかんする市川紘司さんの論考を掲載します。市川さんには昨年、「ゲンロンα」に論考「中国における団地──共産主義から監視社会へ」をご寄稿いただきました(https://genron-alpha.com/article20201229_01/)。好評を博したこの論考では、ゲーテッド・コミュニティと化した中国の団地が、農村から都市への流動化が進む社会のなかで人々を「囲い」、安心を与えたことが指摘されています。
 今回紹介されるのは、そういった都市から人々がふたたび地方の郷村に戻って生み出された建築です。住人を閉じ込めるのではなく、むしろコミュニティのデザインにまで拡張していくそのあり方は、現代日本の地方振興プロジェクトとも呼応します。
 2022年から『ゲンロンβ』で市川さんの連載が始まります。本稿はその序説ともいえるものです。「エシカル」や「エコ」がひとつの規範となりつつあるいま、広く読まれてほしいエッセイです。(編集部)

もうひとつの「変異」

 楽しみにしていたものの、コロナ禍によって無念にも行くことができなかった展覧会のひとつに、ニューヨークのグッゲンハイム美術館で開催された〝Countryside, The Future〟展があった。

 タイトルが示すとおり、カントリーサイドすなわち「田舎」を主題とした展覧会である。世界各地の田舎で起こっている興味深くも奇妙な事態──たとえば最先端のテクノロジーの導入された機械化農業、私企業による大規模な自然保護活動、都市移住を望むことなく田舎で自足する新たなライフスタイル、広大な敷地のロボットテストフィールド(これは日本の福島の事例だ)などを紹介する、リサーチ・ベースの内容だった。リサーチと展覧会を指揮したのは、建築家のレム・コールハースである。現代建築史を学ぶ人間にとっては、コールハースが田舎に注目したという、そのこと自体が興味深い。ニューヨークという世界的メトロポリスの形成原理を叙述した『錯乱のニューヨーク』(1978年)でデビューし、「大都市建築のためのオフィス」を意味する建築設計組織OMA(Office for Metropolitan Architecture)を率いるコールハースは、誰よりも、グローバル資本主義のもとでダイナミックに変容する都市にこそ注目する建築家だったからだ。

 コールハースは2000年には “MUTATIONS” という展覧会を手がけたことがある。中国の深センやナイジェリアのラゴスといった、新興国で急速に進展する都市化現象が、西洋的な都市とは奇妙にも異なる姿を生み出しつつあることを生々しくレポートする内容の展覧会だった。それから20年を経て開催されたカントリーサイド展では、コールハースは都市ではなく、その外側に広がる田舎の「ミューテーション=変異」へと関心を向けたわけである。

中国郷村旅行記

 カントリーサイド展はかねてより中国建築界からも注目されていた。中国の田舎が、展示コンテンツのなかで重要な位置を占めることが分かっていたからだ。

この記事は有料会員限定です

ログインする

購読する(月額660円)

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1985年東京都生まれ。東北大学大学院工学研究科助教。桑沢デザイン研究所非常勤講師。専門はアジアの建築都市史。博士(工学)。東京藝術大学美術学部建築科教育研究助手、明治大学理工学部建築学科助教を経て現職。2013〜2015年に清華大学建築学院に中国政府奨学金留学生(高級進修生)として留学。著作に『天安門広場──中国国民広場の空間史』(筑摩書房)など。論文「20世紀初頭における天安門広場の開放と新たな用途に関する研究」で2019年日本建築学会奨励賞を受賞。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

関連記事