言葉のままならなさに向き合う──一義性の時代の文学にむけて(後篇)|矢野利裕

初出:2021年6月25日刊行『ゲンロンβ62』
 矢野利裕さんによる〈一義性の時代〉をめぐる特別記事の後篇をお送りします。
 前号掲載の前篇(https://genron-alpha.com/gb061_06/)では、言葉が文脈から切り離されて解釈される〈一義性の時代〉に、はたして多義性を擁護する文学者の態度は有効なのかが議論されました。矢野さんは国語科の教員を務める立場から、「文学を一義的な契約書のように読もうとしている」と批判を浴びた新学習指導要領にも、自閉症スペクトラムの生徒への「合理的配慮」に則った進歩的な面があると指摘します。
 文脈を重視しない一義的な読解のほうが多様な他者へと開かれる〈一義性の時代〉に、文学はどのようにありえるのか。後篇では実際に現代の文学作品を読みながら、さらに探求を深めます。(編集部)

 

文学的な多義性の困難

 実際、中高一貫校の国語科教員という立場から現場主義的に考えたとき、文学の多義性を言いつのる類の言説は、エリート主義的で閉鎖的に映らなくもない。もう一度、前篇で紹介した阿部公彦の言葉を見てみよう。

複雑なことを表現しているテクストはしばしば多義的に書かれています。テクストが「異読」を誘発するようにして出来ているということです。それがテクストの中でいろんな意味が拮抗しているということの意味です。「これだけが正解だ!」という決めつけは、そういう場合、有効ではありません。むしろ、いかに異なる読みが生じうるかを一望の下にするような読みこそが必要になる。言うまでもなく文学作品はこうした読みの練習には最適ですが、別に文学にこだわる必要はありません。大事なのは、たとえ「正しい読み」にたどりついたと思ったときにも、あえて「別の読み」を想像するということです。★1

 間違っていることを言っているとは思わない。「多義的」で「複雑」な表現であることは、小説の魅力の大きなひとつである。しかし、これをそのまま科目としての「国語」に適用しようとする姿勢には、安易さを覚えてしまう。阿部は、「『人間というのはわからないものだ』『謎に満ちている』『いったい何をするかわかりゃしない』という状況を、言語的な『感動』として体験させる。これこそが国語という科目の芯となるべき理念ではないでしょうか」と述べるが、これは、新学習指導要領批判が先立ちすぎてはいないだろうか。

 そもそも、正解主義的な性格を強くもつ国語教育に対して文学の多義性をもって対抗する、という身振り自体、すでにひとつの型として出来あがっている。それは、今回の教育改革をめぐる議論以前からしばしば見聞きするものであり、今回も、その批判のパターンが、あらためて「論理国語」「現代の国語」に対して適用されている。歌人の俵万智による「契約書が読めることとは違う色どりや潤いが、言葉にはあるんだよということを、子どもたちには知ってほしい」という主張も、そのヴァリエーションと言えるだろう★2

この記事は有料会員限定です

ログインする

購読する(月額660円)

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1983年生まれ。批評家、DJ、イラスト。文芸批評・音楽批評など。著書に『コミックソングがJ-POPを作った』(Pヴァイン)、『ジャニーズと日本』(講談社現代新書)、『SMAPは終わらない』(垣内出版)。共著に『ジャニ研! Twenty Twenty』(原書房)など。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

関連記事