【『ゲンロン12』先行掲載】訂正可能性の哲学、あるいは新しい公共性について(部分)|東浩紀

初出:2021年8月30日刊行『ゲンロンβ64』
『ゲンロン』の最新刊『ゲンロン12』が、9月17日に刊行されます。
 東浩紀による巻頭論文は『観光客の哲学』の新章にあたる書き下ろし。プラトン、ポパー、トッド、ウィトゲンシュタイン、クリプキ、アーレント、ローティなど、数多くの思想を参照しつつ、「観光客」と「家族」の関係を考えます。リベラルと保守の対立によって硬直した政治を、どうすれば解すことができるのか。その糸口を探る論考です。
 以下に同論考の冒頭部分を先行掲載します。本誌発売をお待ちください。(編集部)

 

 ぼくは2017年に『観光客の哲学』と題する本を出版した。幸いなことに好評で迎えられ、賞もいただいた。

 けれども同書には大きな欠落がある。「観光客の哲学」と題する第1部と「家族の哲学」と題する第2部が接続されておらず、観光客について考えることと家族について考えることがどう関係するのか、きちんと説明できていないのだ。

 同書の中核となる問題意識は、政治はいま友と敵の観念的な対立に陥っており、その対立を抜け出す必要があるというものである。ぼくは、脱出のためには「観光客的な連帯」について思想的に検討することが必要で、そのモデルは「家族」に求められると議論を展開した。したがって、著者みずから記すのも申しわけないのだが、観光客の話と家族の話がつながらないのは致命的な欠陥だといえる。両者のつながりが示されないのでは、あの本の議論は完結しない。

 そしてじっさい、その欠陥のせいで同書は少なからぬ読者に困惑を与えてしまったように思う。そもそも「観光客」と「家族」は、日常的にはかなり語感に隔たりがある言葉である。

 観光客という言葉には、信念もなければ方針もなく、好奇心に導かれるままあちこちに顔を出す無責任な消費者という印象がある。ぼくは『観光客の哲学』では、その印象を肯定するかたちで議論を組み立てた。観光客は無責任でふらふらしている。だからこそ、友にも敵にも分類できない存在として新しい政治的思考の出発点になりうる。

 それに対して、家族という言葉のもつ印象はまったく異なる。ひとは特定の家族に生まれ落ちる。家族をころころと変えることはできないし、成人になり新しい家族を迎えれば責任も生じる。

 いいかえれば、家族という言葉には、観光客とは対照的に、むしろ友と敵の分割を強化する機能がある。目のまえで多くのひとが苦しんでいる。だれを助けてだれを助けないか。その選択が迫られるとき、ひとはしばしば家族の比喩を使う。家族は助ける、けれども家族以外は助けないといういいかたをする。じっさい近代国家は、みずからを家族に喩えることで、移民や難民の排除を正当化してきた。家族的な思考は、むしろ観光客的な思考の対極に位置するものではないのか。

 この疑念はもっともである。しかし、だとすれば、観光客と家族をつなぐ議論はますます重要なものとなるはずだ。ぼくはこの4年、それを欠いたまま同書を出版したことに対して、ひそかに後悔を感じ続けてきた。

+ その他の記事

1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。株式会社ゲンロン創業者。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(新潮社、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(講談社現代新書)、『クォンタム・ファミリーズ』(新潮社、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(講談社)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(ゲンロン、第71回毎日出版文化賞 人文・社会部門)、『ゆるく考える』(河出書房新社)、『ゲンロン戦記』(中公新書ラクレ)ほか多数。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

関連記事