情念の白い墓標(1)仮名の悲劇|入江哲朗

初出:2012年2月20日刊行『ゲンロンエトセトラ #1』

0.

 1976年の冬、田宮二郎は、当時松竹テレビ部のプロデューサーであった升本喜年ますもときねんに次のような言葉を残したという。TBSで放送中の主演ドラマ『白い秘密』の撮影のため、北海道の大和ルスツスキー場へ向かう道すがらであった。田宮が散弾銃によって自らの胸を撃ち抜く2年前の出来事である。

 突然、田宮がつぶやくように言った。
「骨相学って知ってますか」
 不意を突かれ、私はとっさに答えた。
「顔の形で占う人相見のことですか」
「僕は占ってもらったことがあるんですよ……」
 顔をこっちに向け、初めて私の顔をまともに見て、にっこりとした。
「そしたら、君は将来、名門大学の教授か、偉大な医師になると言われたんです」
 彼の眉間にある二本の縦皺のうちの右の一本を思案紋といい、鼻にかけて深く刻まれている左の特に目立つ縦皺は、懸針紋といって、知的な偉人の相だという。
「偉大な俳優になるって言ったでしょう」
 私がふざけて言ったとたん、彼はくすんと笑った。
「言いませんでしたねえ、残念ながら」
「道を間違えましたね」
「そうですよ。間違えましたよ」
 けらけら笑った。

『田宮二郎、壮絶!』

 道を間違えたという意識はしかしながら、「けらけら笑っ」ては済まされなくなるほど強く固く、その後の田宮を束縛してゆくことになる。そして道のりの最果てにおいて、「偉大な医師になる」という骨相学者の予言は奇妙なかたちで成就された。それは悲劇であった。

「マクベスを倒す者はいないのだ、女の生み落した者のなかには」(『マクベス』第4幕第1場)。魔女たちのもたらすこれらの戯言めいた予言に、マクベスもまた拘泥し翻弄され、結局「月たらずで、母の胎内からひきずりだされた男」のマクダフの剣に倒れる末路を辿った。運命に踊らされている己れの姿に気づいたとき、マクベスは自分を「あわれな役者」と思うに至る(第5幕第5場)。しかし そのうんざりするような認識こそが、実はマクベスをして最後に「悲劇」というわな」を抜け出さしめたのだと柄谷行人は論じている。「ハムレットやオセローにとって、死は最後の自己劇化であり、最後の意味回復である。マクベスに馬鹿げてみえたのは、自分をどんなかたちであれ運命的存在たらしめようとする欲求そのものである」(「マクベス論」)。

 田宮は自死の直前、周囲の者に「僕は、虚業の俳優で生きていくしかないんだね」と漏らしていたという。「あわれな役者」としての自己認識から「一切の「意味」を拒絶した男」(柄谷)へと飛躍するマクベスのふてぶてしさを、田宮は持ちあわせていなかった。しかし彼の悲劇的な死は、カール・シュミットが「ハムレット」に見出したものと同じ通路を経由して『白い巨塔』を、田宮二郎ではなく財前五郎を劇化することになる。それは田宮二郎にとっての悲劇でもあった。シュミットは『ハムレット』を分析して次のように言う。

 この劇作品には、劇以外の構成要素が含まれていて、その意味でこれは完壁な劇ではない。この劇作品の時間と場所と筋の統一性は閉じられておらず、純粋に内閉した過程を生じさせていない。そこには二つの大きな開口部があり、そこを通って歴史的な時間が劇時間の中へ侵入してくる。[中略]所与の事態がこうして入り込むことで、意図をもたない純粋な関の性質は乱される。そのかぎりでこれは、劇の側から見るならば欠点である。だがその結果として、ハムレットという舞台の人物は真の神話となることができた。そのかぎりでこれは利点である。なぜならそれによって悲哀劇[Traverspiel]は悲劇[Tragödie]へと高められたのだから。

『ハムレットもしくはヘカベ』初見基訳、強調は原著者、[ ]内は引用者による

この記事は有料会員限定です

ログインする

月額課金購読する

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1988年生まれ。アメリカ思想史、映画批評。東京大学大学院博士後期課程修了。博士(学術)。日本学術振興会特別研究員PD。著書に『火星の旅人――パーシヴァル・ローエルと世紀転換期アメリカ思想史』(青土社、2020年)、『オーバー・ザ・シネマ 映画「超」討議』(共著、石岡良治+三浦哲哉編、フィルムアート社、2018年)など、訳書にブルース・ククリック著『アメリカ哲学史――一七二〇年から二〇〇〇年まで』(大厩諒+入江哲朗+岩下弘史+岸本智典訳、勁草書房、2020年)など。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ

関連記事