日本[語]2.0――超平面化した日本語でのコミュニケーションについて|クリス・ローウィー 訳=樋口武志

初出:2012年8月20日刊行『ゲンロンエトセトラ #4』

投稿論文をお届けする。筆者はゲンロンの翻訳チームの一員で、ワシントン大学で日本の現代文学と思想を専攻する、25歳の若手研究者。日本滞在中には早稲田大学で小誌編集長の指導を受け、日本思想の最新の動向にも詳しい。ここに掲載するのは、日本語の「書き言葉」の特異性から日本文化の変質と可能性を読み解く意欲的な試みである。(編集部)

 

閉じこもる日本の批評


 批評は日本社会においてどのような役割を果たしているのだろうか?こうした問いは、アメリカにおける日本文学研究では重要視されていない。理由は様々で一概には言えないが、そもそも日本の批評がほとんど翻訳されていない、ということは大きな原因のひとつだろう。アメリカで日本思想界の巨人とされている柄谷行人でさえ、著作のほんの一握りが英語に翻訳されているにすぎない。他方、現代の日本では、批評は国内のハイコンテクストな状況に閉じこもり、次第に海外からも理解しやすいハイカルチャー(純文学)を巡る議論から離れていった。結果、アメリカの日本文学研究では『源氏物語』や20世紀初頭のプロレタリア文学などの研究がさかんに行われる一方で、1980年代前半にブームとなった浅田彰や中沢新一、それに先行する今は亡き吉本隆明といった重鎮たちの著書でさえ、英語では一作も読むことができない状況となっている。

 そのため、多くが80年代の批評への反撥として生まれてきた90年代の批評が翻訳されていないのも当然というべきだろう。大澤真幸、大塚英志、加藤典洋、福田和也、宮台真司といった面々の著作も、英語では読むことができない。それ以降の、ゼロ年代批評についても事情は同じである。この状況を日本は恥ずべきだと言うのは簡単だが、それ以上に重要視すべきなのは、日本文学が海外では国内の批評的文脈を抜きにして読まれているという事実である。日本では、小説と批評が同じ文芸誌にならび、小説家が批評家であり、批評家が小説家でもある。そんな日本の小説だけを読み、批評との関係を無視することは軽率であるばかりか、文化批評の試みを誤った方向に導きかねない。海外の研究者の役割も文学研究だけにあるのではない。大学で教えるべきは文学なのではなく、文学や批評を含めた文化の総体なのだ。海外で、日本の過去20年の批評が見過ごされてきたことは大きな問題である。

 翻訳の欠如は、海外から見ると、その期間日本には批評が存在しなかったということを意味する。考えてみてほしい。日本文学に興味を持つ海外の学生のほとんどは、大学に入ってから日本語を学ぶと同時に日本文学を学び始める。それはつまり、日本文学についての基礎的な知識と研究を行うために必要な語学力を、在学4年間で養わなければいけないということである。必然的に、この期間で読まれ教えられる文学作品は、ほとんどが英訳されたものということになる。大学院に進むにしても、大学4年間で蓄えられた知識と関心の延長であることが多い。現代日本の批評、思想、そして文学にまつわる言説が、英語圏の学部生たちに向けて体系的に語られない限り、ゼロ年代の批評が海外に届くことはないだろう。ましてや研究の対象にすらならないことは言うまでもない(今の英語圏でのトレンドは、明治後期に起こったカノン形成過程の研究および批判である)。

 過去20年の批評が英語で語られない以上、海外の日本研究の妥当性には疑念を抱かざるを得ない。国内の読者に向けてしかものを書かない日本の批評家に、もどかしい思いを持つ海外の学者たちもいる。迅速なコミュニケーションが可能となったこの時代に、海外の研究者がイメージする「日本文学」の翻訳ばかりが行われる現状は、日本の批評にとってはあまり良いものとは言えない。

 知の最前線を追いかけ続けることは簡単ではないが、それはいつも実りあるものである。刺激に満ちた世界だと知っているからこそ感じる現状へのもどかしさも、この論考を書いた理由の一つだ。日本語の可能性を再考するこの試みが、日本に、そして世界にとって、文化的変容のただ中にある日本語の持つ意味を考える契機となることを願う。

日本語の書き言葉の可能性――声を介さないコミュニケーション


 さて、日本語の書字体系には、書き手と読み手の間に共有されるひとつの美学がある。書き言葉は、必ず音読に先行して存在する、というのがそれである。中国から入ってきた漢字(書き言葉)に大和言葉(話し言葉)を当てはめる訓読みの誕生から、書かれたものとその読み手の間にある不安定な関係が日本語の中でシステム化され、強化されていった。こうした特徴は、西洋文学の伝統には存在しない★1。この不安定さは、日本語に書き方の正しいルール(正書法)がないため、つまりひとつの言葉でも多様な書き方ができてしまうため、話し言葉から書き言葉を特定できない、ということに起因する。これは逆から見ると、すでに書かれた言葉を読む読者が、話し言葉を決定しているということであり、ここではむしろ、その点に注目したい(「読書」という言葉からもわかるように、日本人は「書かれたものを読」んでいるのだ)。見逃されがちではあるが、こうした言葉の特徴は日本人の無意識に深く根づき、近年の社会やコミュニケーションの変化とも密接に関連している。

★1 アルファベット圏でも、音と文字が切り離せないという特徴に自覚的であった作家たちがいる。詩人E. E. カミングスの英詩は、その好例である。