「それでもやっぱり変わらない」を生きる──『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド』刊行記念対談(前篇)|宮台真司+東浩紀

初出:2013年10月1日刊行『ゲンロン通信 #9+10』

 ゲンロンと東浩紀が総力を投じた『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド』。同書の刊行にあたって、意外な人物がゲンロンカフェに登場した。
 緻密なフィールドワークをもとに、『終わりなき日常を生きろ』など数多くの話題作を生み出した社会学者、宮台真司氏。311以降は、原発問題についても活発な発言をしている。
 残念ながら『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド』は対談当日は未完成。それでもゲラを読み込み登壇した宮台氏は、東を相手に、氏ならではの鋭い指摘を次々と投げかける。多くの論点を総ざらいしたこの対談は、福島第一原発観光地化計画の進むべき道を予言している。
 宮台氏と東、ポップカルチャー批評で時代を席巻した2人が、チェルノブイリと福島を話題にして相まみえる。2010年代の批評のリアルはここにあるのかもしれない。

※本記事のもとになったイベントの動画はVimeoにて公開しております。こちらのリンクからお求めください。

チェルノブイリは議論を尽くしたうえで浮かび上がろうとしている

東浩紀 今日はありがとうございます。また半年ほどご無沙汰してしまいました。

宮台真司 お久しぶりです。社長としてもバリバリとお仕事をされているようで、物理的にもさらに大きくなられたような……。

 物理的に大きくないと、社員に威圧感を与えられないもので(笑)。

宮台 あははは、やっぱりそういうものですか。

 今日は弊社『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド』の発刊記念イベントということでお越しいただきました。けれどもあいにく発刊が延びてしまいまして……。ゲラをお送りさせていただいたんですが、パラパラとでも読んでいただけたでしょうか。

『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド』(ゲンロン)

宮台 拝読して感動しました。東くんの「福島第一原発観光地化計画」って、最初は思いつき半分だろうと考えていたんです。ところがどっこい、現実にこれほど分厚い「チェルノブイリの観光地化」の実態が存在していた。すごく驚きました。しかも、本当にこの3-4年の間で「チェルノブイリの観光地化」が進んだという話。なんという時の運に恵まれた人だろうとも(笑)。

 褒めていただけてよかったです。「思いつきだけでうまくやりやがって!」ということじゃないですよね?

宮台 たぶん(笑)。

 宮台さんは福島第一原発事故以降、さまざまな発言をされています。ぼくは今回のチェルノブイリ取材では、福島をどう語るかということについて、ひとつの新たな視点を提示したつもりです。「観光地化」という提案については、どう思われましたか?

この記事は有料会員限定です

ログインする

月額課金購読する

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1959年3月3日、宮城県仙台市生まれ。 社会学者。東京都立大学教授。麻布中・高校卒業後、東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。『社『私たちはどこから来て、どこへ行くのか』(幻冬舎文庫)、『14歳からの社会学』(ちくま文庫)、『日本の難点』(幻冬舎新書)など著書多数。

+ その他の記事

1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(学術博士)。株式会社ゲンロン創業者。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(1998年、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(2001年)、『クォンタム・ファミリーズ』(2009年、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(2011年)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(2017年、第71回毎日出版文化賞 人文・社会部門)、『ゆるく考える』(2019年)、『テーマパーク化する地球』(2019年)ほか多数。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ