チェルノブイリの教訓を福島に――世界における科学ジャーナリストの役割(前篇)|ウラジーミル・グーバレフ 聞き手=上田洋子

初出:2014年3月20日刊行『ゲンロン通信 #11』

インタビューにあたって

 チェルノブイリ原子力発電所の事故は1986年4月26日未明に起こった。

 現代のわれわれには信じがたいことに、事故に関する第一報がなされたのは、テレビでは2日後の4月28日★1、新聞では3日後の4月29日だった。例えば翌4月30日に出された中央紙イズヴェスチヤの記事を見ると、タイトルは「ソ連閣僚会議より」で、チェルノブイリ原発で事故が起こったこと、原子炉がひとつ被害を受けたこと、事故処理作業が行われていること、被害者はケアを受けていること、政府の協議会が設けられたことが、小さな文字で8行にわたって書かれているのみだ★2

 当時のウクライナはソヴィエト社会主義共和国連邦内の一共和国で、国家として独立していたわけではない。共産党一党独裁体制のソ連では、報道は常に規制され、国の統治に都合のいい(あるいは問題のない)情報だけが公の情報媒体に流通していた。当然、速報のようなものはほとんどなかった。チェルノブイリの事故は、ソ連における報道の遅れと不足を問題として顕在化させることになる。

 事故が起こった頃のソ連では、経済が疲弊し、社会が停滞していた。1985年3月にソ連共産党書記長に就任したゴルバチョフは改革の試みを始めたばかりだった。チェルノブイリ事故は、グラスノスチ(情報公開)、ペレストロイカ(建て直し)といった言葉が盛んに用いられるきっかけとなった。実際、ゴルバチョフが初めてペレストロイカという言葉を国家再建の文脈で用いたのは、事故直後の1986年5月のことだった。未曾有の放射能事故は、ソ連崩壊の足取りを確実に速めたのだ。

 チェルノブイリ事故の現場にジャーナリストが踏み込んだのは五月初頭のことだった。そのひとり、ウラジーミル・グーバレフにモスクワで会うことができた。事故当時、グーバレフはソ連中央紙「プラウダ」の科学部長で、原子力技術や宇宙開発関連の報道に携わっていた。彼はチェルノブイリ事故の数時間後には事故の状況を把握し、党幹部に掛け合ってジャーナリストのチェルノブイリ入りを納得させたと言う。グーバレフとプラウダ紙キエフ支局のミハイル・オディネツの連名記事が出たのは5月6日。その後、毎日のように彼らの記事が紙面に掲載され、事故と事故処理の状況がレポートされていった。

 プラウダ紙の情報を鵜呑みにしていた読者はあまりいなかったようだが、それでも現場からのレポートは数少ない貴重な情報だった。プラウダは共産党の機関紙で、プロパガンダ色が極めて濃く、うしろのほうの紙面でチェルノブイリの事故が報道されていても、一面では輝かしいソ連社会の栄光と達成が謳われていたりする。そもそもチェルノブイリに関する情報が一面記事になるには、5月15日のゴルバチョフによるチェルノブイリと原子力政策に関する演説の掲載を待たなければならない。

 グーバレフはジャーナリストであるだけでなく、SF小説や戯曲も手がける作家である。チェルノブイリ事故の取材は、戯曲「石棺」として作品化され、「ズナーミヤ」誌1986年9月号に発表されて、多くの読者や観客の眼に触れることになる。「石棺」はその年のウィーンを皮切りに世界各国で上演され、日本でも1987年に千田是也の演出で初演された★3。現在われわれが放射能を封じ込めるためのコンクリート建造物を「石棺」という通称で呼ぶのは、この戯曲の影響なのかも知れない。2013年秋にモスクワで行ったこのインタビューでは、チェルノブイリ報道について、福島について、科学ジャーナリズムについて、また科学との関わりの中での芸術の役割について語ってもらった。(上田洋子)

上田洋子 私たちは福島第一原発観光地化計画というプロジェクトを行っています。

ウラジーミル・グーバレフ チェルノブイリはすでに観光地化されていますよ。私にはどうも受け入れがたいことですが。

上田このプロジェクトでは、チェルノブイリ事故後の観光地化を調査し、一冊の書籍にまとめました。その本、『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド』の中で、あなたの戯曲「石棺」を紹介しています。この戯曲は昨年、日本で新たな上演がなされました。

グーバレフ そうなのですね。「石棺」はすでに53ヶ国で上演されていて、もはやチェックしていませんでした。

日本との関係

グーバレフ 私は日本という国にとても親近感を抱いています。この小船たちは(と、船のモビールを示して)、「石棺」の広島公演に招かれた際に、通訳の女性と街を歩いていて見つけました。店の主人がくれると言うので、なぜかと尋ねると、「芝居、見ましたよ。とてもよかった。公演の記念にどうぞ」と。日本ではどこに行ってもこんな調子で、みなさんとてもよくして下さった。日本には何度も行って、さまざまな場所を訪れています。

 そもそも私はチェルノブイリのおかげで日本に行くことができたんです。最初に来日の話があったのは1963年で、エレクトロニクスの国際会議に参加するはずでした。けれどもビザが下りなかった。KGBのスパイだと思われたんですね(笑)。

ウラジーミル・グーバレフ氏

 その後、多少なりとも日本に関係する仕事をいくつかやってきました。第一に、チェルノブイリについてすべてを書きたいと思っていました。これに関しては事故後25周年に本が出版され、一定の評価を得ています★4

 第二に、ソ連における原子力兵器製造の歴史を『原子爆弾』という大きな本にまとめています★5。 私はジャーナリスト兼作家という職業のおかげで、ソ連の重要な原子力関連施設をすべて見学しています。それらは閉鎖都市にあり、一般の人が訪れることはなかなかできません。私は核兵器の製造に携わるあらゆる人々と知り合いだったので、実験にも立ち会ってきましたし、関連書類も入手可能でした。つまり、これは私にしかできない仕事だったのです。

この記事は有料会員限定です

ログインする

月額課金購読する

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1938年生まれ。科学ジャーナリスト、作家、劇作家。「プラウダ」紙および「コムソモーリスカヤ・プラウダ」紙で科学部長を務める。原子力や宇宙開発など、20世紀ソ連の科学ジャーナリズムの第一人者。チェルノブイリ原発事故の報道では大きな役割を果たした。事故を戯曲として描いた『石棺』は53カ国で上演されている。邦訳に『石棺――チェルノブイリの黙示録』(リベルタ出版)、『チェルノブイリのファントム――よもぎの星が落ちた』(アイピーシー)、共著に『誰も知らなかったソ連の原子力』(中村政雄ほかとの共著、電力新報社)など。

+ その他の記事

1974年生まれ。ロシア文学者、ロシア語通訳・翻訳者。博士(文学)。ゲンロン代表。著書に『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド 思想地図β4-1』(調査・監修、ゲンロン)、『瞳孔の中 クルジジャノフスキイ作品集』(共訳、松籟社)、『歌舞伎と革命ロシア』(共編著、森話社)、『プッシー・ライオットの革命』(監修、DU BOOKS)など。展示企画に「メイエルホリドの演劇と生涯:没後70年・復権55年」展(早稲田大学演劇博物館、2010年)など。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ