ロシア語で旅する世界(2) ソチオリンピックのイメージ──ロシア的想像力の内と外|上田洋子

初出:2014年3月20日刊行『ゲンロン通信 #11』

 2014年はオリンピックイヤーだ。今回の開催地はロシアのソチ。ロシアでのオリンピック開催は1980年のモスクワ五輪以来2度目だ。いや、正確に言えば、1980年当時はロシアではなくソ連だった。モスクワオリンピックは、1979年のアフガン侵攻を受けて、米国や日本をはじめとする多くの国がボイコットした。だから日本がロシアでのオリンピックに参加するのは今回が初めてだ。私も某テレビ局の依頼を受け、2月の前半はソチにいる。

 ソチ。わたしにとっては馴染みのない街だ。ただ行ったことがないというだけでなく、これまではそこが黒海沿岸のリゾート地だという程度の知識しかなかった。チェーホフの作品によく出てくるヤルタ、ヤルタ会談の行われたクリミア半島のリゾート地と似たようなものだろうと。もっとも、ソ連邦崩壊にともないウクライナが独立して以来、クリミア半島はウクライナになり、ロシアから分断された。ゆえにソチはロシアに残された最大の黒海リゾート地となっている。

 地図を見てみると、ソチはロシアの南西の端に位置しており、北側をコーカサス山脈に、南側を黒海に遮られている。ちょうどモスクワから経線に沿って1358キロ南下したあたりだ。緯度はモスクワが北緯55度、ソチは北緯43度で、その差は12度。日本と比較してみると、札幌がソチと同じ北緯43度。札幌から緯度を12度北上すると、千島列島を越えて、カムチャッカ半島に突入する。なるほど、モスクワはこんなに緯度が高いのか。ためしに札幌から12度南下してみると、そこは鹿児島だった。

 そうは言ってもロシア人にとってソチは南国だ。ソチは亜熱帯の温暖な気候で、年平均気温は18度、7-8月の平均気温は28度。街には椰子の木がたくさんあって、たとえばモスクワやシベリアの人の目には、異国情緒にあふれている。

この記事は有料会員限定です

ログインする

月額課金購読する

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1974年生まれ。ロシア文学者、ロシア語通訳・翻訳者。博士(文学)。ゲンロン代表。著書に『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド 思想地図β4-1』(調査・監修、ゲンロン)、『瞳孔の中 クルジジャノフスキイ作品集』(共訳、松籟社)、『歌舞伎と革命ロシア』(共編著、森話社)、『プッシー・ライオットの革命』(監修、DU BOOKS)など。展示企画に「メイエルホリドの演劇と生涯:没後70年・復権55年」展(早稲田大学演劇博物館、2010年)など。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ