タイ現代文学ノート(1)2014年軍事クーデターと作家たち|福冨渉

初出:2016年7月15日刊行『ゲンロン3』

「ワット・ワンラヤーンクーンの家に行こう」

 写真家タワッチャイ・パッタナーポーン★1から電話を受けたのは、2014年1月30日のことだった。

「いつ?」

「明日」

 急で、かつ詳細もよく分からない誘いはいつものことで、翌日の朝、筆者はとりあえず彼の運転する車に乗っていた。目的地が筆者の滞在するタイの首都バンコクから200キロ以上離れた、ほとんどタイとビルマの国境で、そもそも日帰りでなく2泊もする予定だということを知ったのは、車に乗って1時間以上経ってからだった(まあ、聞かない方も悪いのだが)。着替えもなければ、ほとんど金も持っていない……。

 作家のワット・ワンラヤーンクーン(วัฒน์ วรรลยางกูร)は1955年、タイ中部のロッブリー県生まれ。タイの政治動乱と学生運動の時代である1970年代に思春期を過ごした彼は、10代の頃から雑誌等で作品を発表し始める。1976年10月6日の事件★2発生時には、その当日にバンコクを離れてタイ国共産党の武装闘争路線に参加し、4年以上を東北タイの森林で過ごす。1981年に森を出た彼は、タイ西部のカンチャナブリー県に居を構え、作家・編集者として活動を続けている。これまでに40以上の著書を発表し★3、シーブーラパー賞★4などいくつかの賞を受賞している。ファンも多く、ある種「伝説の作家」であるかのごとき言及をされることも多い。

 そんな作家の家を訪ね、直接話ができる。本来は手放しで喜べる機会なのかもしれない。だが彼らのようなかつての「英雄」たちが時代の変遷の中で保守化・権威化していった例は、枚挙に暇がない。筆者は微かな懐疑と偏見を持ったまま、カンチャナブリー県に向かっていた。

ワット・ワンラヤーンクーンの自宅への道中
 

 2006年の軍事クーデターによってタクシン・チナワット元首相が追放されて以降、タイ国内の政治対立は激化していた。日本でも報道されていたいわゆる「赤服(赤シャツ)=民主主義・タクシン派」と「黄服(黄シャツ)=保守・反タクシン/王党派」の争いだ★5。幾度となく起こる衝突と数々の死傷者。2011年の総選挙でタクシンの妹、インラック・チナワットが首相に就任してからも、不安定な状況が続いていた。

 大きな動きがあったのは2013年後半のことだ。インラック首相率いる政権与党、タイ貢献党が提出した恩赦法案★6に反対する野党および野党支持者による反政府デモが発生した。野党民主党の元幹事長ステープ・トゥアックスバンを中心に組織された、黄服デモ隊の流れを汲むPDRC(国王を元首に戴く完全な民主主義にタイを変革するための人民委員会)のデモ隊は、議会の解散、そして2014年2月2日の総選挙実施が決定した後もその活動を縮小させることはなかった。

2013年12月5日、国王誕生日のPDRCデモ会場
 

 その流れの中、作家たちも独自に活動を続けていた。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ