韓国で現代思想は生きていた(20)『私は世界をリセットしたいです』|安天

初出:2017年6月8日刊行『ゲンロン5』

1 みんなが滅べばいい

「戦争が起きればいい」「怖いけど、私だけ死ぬわけじゃありませんから。みんな死ぬじゃないですか。それは仕方がないのです」。

 社会を構成する様々な階層・世代の人たちの声を聞き、韓国社会の現状をスケッチしてきた社会学者オム・キホ(엄기호)は、最近、このような話をよく聞くようになったと言う。このくだりを読んだ瞬間、私の頭の中をよぎったのは、赤木智弘の「『丸山眞男』をひっぱたきたい──31歳、フリーター。希望は、戦争。」だった。赤木の論考が『論座』に掲載されたのは2007年だから、ちょうど10年が過ぎた。

 当時、赤木は、階級が固定され、いまより良い未来を描けない日本社会を生きる下層フリーターにとって、戦争だけがこのような希望なき社会構造を壊し、流動化をもたらすチャンスになり得る、という過激な主張を展開した。10年が過ぎたいま、韓国社会にもそのような考えを持つ人々が増えたのだろうか。

2 ヘル朝鮮

 実は、韓国では数年前から若者の間で「ヘル朝鮮 헬조선」という自虐的な言葉が流行っている。

「ヘル」とは英語のhell、すなわち「地獄」を指し、「朝鮮」は近代以前の李氏朝鮮や、日本の植民地支配下の朝鮮から来たもので、前近代あるいは植民地時代に退化した状態を指す。経済的な格差は広がり、就職も難しい状況で、若者たちの支持を受けていない朴槿恵パククネ氏が、父が元大統領だったこと以外は取り柄がないように見えるにもかかわらず大統領の座にいる韓国社会のことを皮肉った言葉だ。日本社会がそうであるように、韓国にも自らの社会に対する不満は常に存在し、また批判があってこそ社会の問題点を認識し是正できるという観点から、そういった不満や批判の表出を肯定的に評価する雰囲気がある。

 もちろん、不満を過剰に表出するのは、社会不安や自己軽蔑につながる恐れがあると懸念を示す人もいる。しかし、客観的に見たとき、韓国社会が、不満の表出自体に一定の意義と評価を与えてきたことは疑い得ない。韓国社会に独特な文化として語られたりもする大規模なデモも、このような不満や批判の表出に対する社会的な了解のもとで成り立っていると言える。韓国社会は、自己批判が自己更新を生み出すというダイナミズムを信じているのである。その延長線上で「ヘル朝鮮」のような自虐的な言葉が大流行するわけだ★1

 ところが、2016年11月に刊行されたオム・キホの『私は世界をリセットしたいです 나는 세상을 리셋하고 싶습니다』(チャンビ)の内容からすると、韓国社会における最近の自虐は度を超え、相当深刻なレベルであるように見える。今回は、この本の内容を紹介し、最近の韓国においてその構成員たちが社会をどのように捉えているのか、その一面を見てみることにする(筆者はこの本を電子書籍で読んだため、引用する際にページ番号を付記しないことをご了承願いたい)。

この記事は有料会員限定です

ログインする

月額課金購読する

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1974年生まれ。韓国語翻訳者。東浩紀『一般意志2・0』『弱いつながり』、『ゲンロン0 観光客の哲学』、佐々木中『夜戦と永遠』『この熾烈なる無力を』などの韓国語版翻訳を手掛ける。東浩紀『哲学の誤配』(ゲンロン)では聞き手を務めた。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ

関連記事