国威発揚の回顧と展望(1) 政治の記号化に歯止めはあるか?|辻田真佐憲

初出:2019年9月26日刊行『ゲンロン10』

 近年、国威発揚がますます盛んである。2020年の東京五輪に向けて、その勢いは収まりそうにない。いや、あるいは2025年の大阪万博までも――。かかる事案を継続的に眺めていると、まるで個人が全体のなかに溶けていくかのようだ。

 国威発揚といえば、戦時下の文化研究では、長らく「上からの動員・統制」だけではなく「下からの参加・便乗」もまた重要だと指摘されていた。そしてそれは、現代社会にも広く見られるがゆえに、警戒しなければならないとされてきた。昨年に出た本でいえば、佐藤卓己の『ファシスト的公共性』(岩波書店)から、大塚英志の『大政翼賛会のメディアミックス』(平凡社)まで、そのような論調が見て取れる。

 とはいえ、「ヒトラーは動員する独裁者ゆえにではなく、参加を求める民主主義者ゆえに支持されたといえようか」と説く佐藤の論考が1996年に初出であることからわかるように★1、また、大塚が「参加型ファシズム」の一例として引くメディアミックス「ニコニコ運動」が(いまや衰勢覆いがたい)ニコニコ動画をなかば想定していることからもわかるように★2、過去の「参加」モデルを引き合いに今日の国威発揚事案に警鐘を鳴らすがごとき振る舞いは、いささか定型的になりつつある。筆者自身もたびたび用いてきたので、「参加」モデルを否定するわけではないものの、そろそろ別のモデルも模索されなければならない。

 今回より連載のタイトルを改めたのも、このことと無縁ではない。昨今の国威発揚事案★3を定点観測しながら、あわよくばその新しい捉え方を考えてみること。それがこの連載の目的とするところである。そのため、末尾には資料として簡単な年譜を付した。ニュースの備忘録的に使うこともできるだろう。

エンタメとのコラボは継続


 では、現下の国威発揚の傾向を見ていきたい。まず、エンタメとのコラボは相変わらず進行している。

★1 佐藤卓己『ファシスト的公共性――総力戦体制のメディア学』岩波書店、2018年、58頁。同書は既発表の論文集であり、引用元の「ファシスト的公共性」の初出は1996年である。
★2 大塚英志『大政翼賛会のメディアミックス――「翼賛一家」と参加するファシズム』平凡社、2018年。「ニコニコ運動」は「第四章 隣組からニコニコ共栄圏へ」(150-184頁)参照。
★3 ここでいう「国威発揚事案」は、おもに政治と文化芸術の結びつきを広く指している。そこから、「国威発揚系文化人・イベント」の動向なども視野に入れている。

 

会員の方はこちらから続きをお読みください

このコンテンツを最後まで閲覧するには【ログイン】または【月額課金購読】をしてください。
ゲンロンαを含む様々な特典のついたゲンロン友の会への入会もご検討いただければ幸いです。

 

その他の記事

1984年大阪府生まれ。文筆家、近現代史研究者。慶應義塾大学文学部卒業。同大学大学院文学研究科中退。著書に『日本の軍歌』、『ふしぎな君が代』、『大本営発表』、『天皇のお言葉』(以上、幻冬舎新書)、『文部省の研究』、『古関裕而の昭和史』(以上、文春新書)、『空気の検閲』(光文社新書)、『たのしいプロパガンダ』(イースト新書Q)など。

NEWS

連載

ゲンロンβ