小松左京から美少女へ──『日本沈没』と、日本とSFの未来(後篇)|新城カズマ+東浩紀 司会=森川嘉一郎

この記事は有料会員限定です

ログインする

月額課金購読する

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

生年不詳。作家、架空言語設計家、古書蒐集家。1991年に『蓬莱学園の初恋!』(富士見ファンタジア文庫)で作家デビュー。『サマー/タイム/トラベラー』(ハヤカワ文庫JA)で第37回星雲賞を受賞。他の著書に『15×24(イチゴー・ニイヨン)』(全6巻、集英社スーパーダッシュ文庫)、『物語工学論』(角川ソフィア文庫) 、『島津戦記』(新潮文庫nex)など。

+ その他の記事

1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。株式会社ゲンロン創業者。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(新潮社、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(講談社現代新書)、『クォンタム・ファミリーズ』(新潮社、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(講談社)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(ゲンロン、第71回毎日出版文化賞 人文・社会部門)、『ゆるく考える』(河出書房新社)、『ゲンロン戦記』(中公新書ラクレ)ほか多数。

+ その他の記事

1971年生まれ。明治大学国際日本学部准教授。早稲田大学大学院課程修了(建築学)。秋葉原へのおたく文化の集中を調査し、その研究を下敷きに、2004年ヴェネチア・ビエンナーレ第9回国際建築展日本館コミッショナーとして「おたく:人格=空間=都市」展を制作(日本SF大会星雲賞受賞)。桑沢デザイン研究所特別任用教授などを経て、2008年より現職。著書に『趣都の誕生 萌える都市アキハバラ』(幻冬舎、2003年)など。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ

関連記事