セルゲイ・ミールヌイ『チェルノブイリの勝者〜放射能偵察小隊長の手記』連載開始!|訳者・保坂三四郎さんからのメッセージ|保坂三四郎

初出:2014年1月24日刊行『福島第一原発観光地化計画通信 vol.6』

 原発事故後の放射能斥候隊に参加し、その経験を元にした作品を多数発表しているウクライナの作家、セルゲイ・ミールヌイ。『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド』やこのブロマガでもおなじみのミールヌイの作品の翻訳掲載がスタートします。
タイトルは「チェルノブイリの勝者?放射能偵察小隊長の手記」。自身の経験を踏まえ、随所に放射線量などリアルな数字が登場する一方で、実際に作業に携わった者だからこそ書けるブラックユーモアも織り込まれた怪作です。
次号からの連載開始に先立って、翻訳を手がけた保坂三四郎さんからメッセージをいただきました。保坂さんはなぜこの作品に出会い、日本語訳を志したのか。そこには3.11の経験が深く影響していました。(編集部)

 「チェルノブイリ」あるいは「リクビダートル(事故処理作業者)」と聞いて何を想像するだろうか。全てが灰色、あるいは真っ黒の世界?後遺症にもがき苦しむ数十万の人々? 線量計を近づけるとピーと警報が鳴る無数の棺桶? 森や川に棲む奇形生物? 我々がチェルノブイリに対して持っている先入観を見事なまでに覆してくれるのが、本書「チェルノブイリの勝者〜放射能偵察小隊長の日記」(仮邦題)である。

 本書は著者セルゲイ・ミールヌイがチェルノブイリへ召集されてから除隊するまでの3ヶ月間にゾーン(原発30キロ圏)で繰り広げられた人間と放射能のドラマをコミカル、センチメンタル、ときには科学的に描いたドキュメンタリー小説である。ウクライナでは「チェルノブイリ・ユーモア」とも呼ばれ、チェルノブイリに対するステレオタイプを打破する作品として注目を浴びた。テレビゲームでしかチェルノブイリを知らない若い世代に読ませたい本として推す声もある。さらに本書は、放射能のイロハをサバイバル的に学べる実用書も兼ねている。

 掴みどころのない本との印象を受けるが、このように既存のジャンルや形式にとらわれない表現方法を「ポストモダン」と呼ぶらしい。訳者である私は文学・思想関係には疎いのでその解釈は「チェルノブイリダークツーリズムガイド」におけるミールヌイ氏インタビューに譲ることとして、ここでは次号から連載する本書の内容を先取りしてご紹介する。

 

 物語は1986年夏、ソ連・ウクライナの若者セルゲイのもとに届く召集令状から始まる。派遣先は事故からまだ3ヶ月しか経っていない「チェルノブイリ」。放射能マップ作成のため汚染地帯で放射線測定を行う「放射線化学偵察中隊」への配属だ。大学で物理化学を修めたセルゲイは放射線についていくらかの知識は持っており小隊長として活躍するが、自然界の数十倍から 100 万倍という高線量下における放射能との親密すぎる接触を通して、より実践的、サバイバル的な知恵を身につけていく。信じがたいことだが、現場では放射線を「見る」、その匂いを「嗅ぐ」、舌の先で「味わう」こともできたという……。

 本部の指令に従い、愛車のBRDM(BMWではない。ソ連製装甲車。分厚い装甲が乗員のガンマ線被ばくを3分の1まで減らす)に乗って原発周辺や森などの所定のルートを走り、空間線量の測定を行うのがセルゲイとその仲間の日課である(部隊では「放射能偵察」と呼ばれる)。セルゲイは日々の観察を通してチェルノブイリの放射能汚染の実態とは「垂直に切り立った崖や鋭く尖った山頂と、広大で低くなだらかに続く麓」であり、同じゾーン内でも場所によって線量は数百万倍の開きがあることを知り、対処の術を覚えていく。

 一方余暇は、身体除染の散水車を利用してロシア風スチームサウナを楽しんだり、住民が避難して空っぽになった村の菜園でりんごを腹いっぱいなるまで食べたり、宿営キャンプの原っぱに設けられた即席映画館で日本のアニメを鑑賞したり……チェルノブイリという非日常のなかで平時では考えられないことにも生き甲斐を見いだしていく。

 もちろん読者にとって新鮮なのはエンタメだけではない。ゾーンでの生活や放射能を通してしか見えない人間の社会的側面についても切り込む。壊れた線量計を使って作業員の「エア」汚染検査をするインチキ検査員、チェルノブイリに来ても敵国(当時は米ソ冷戦の真っ只中)のスパイ探しを怠らない秘密警察部員、隊員の一日当たりの被ばく線量を千分の一も間違えて記録する「チェルノブイリのデスクワーカー」、高汚染地帯に足を踏み入れた偵察隊員をまるで伝染病患者のように扱う本部の上司……。日本の状況も似ているが、目に見えない放射能は普段は見えない人間の本性まで丸裸にしてくれるようだ。

 エピローグでは20年後の自分の活動や仲間の消息にも触れている。最も関心をひくのは、何台もの放射線測定器が振り切れて使い物にならなくなった「超」高線量下(毎時1500レントゲン≒毎時15シーベルト)で被ばくし、「緑色」になって偵察から戻ってきた仲間セムの「その後」であろう。この結末は是非本書で確認して頂きたい。