福島第一原発観光地化計画の哲学(1) 私はなぜ丹下健三に学ぶのか(前篇)|藤村龍至+東浩紀

初出:2014年2月15日刊行『福島第一原発観光地化計画通信 vol.7』

東浩紀 このインタビューは、「福島第一原発観光地化計画の哲学」と題し、研究会委員のみなさんに、この計画に参加した動機や、発表した計画の裏側にある意図、今後の展望について、あらためてお話しいただこうという企画の第1弾です。話を掘り下げるためにも、今日はまず、藤村さんが建築家を志した動機からうかがいたいと思います。

藤村龍至 丹下健三の影響もあり、大学に入る前までは、建築よりも都市計画を志していました。しかし1996年に大学に入った頃には、すでに建築家は国家や都市を構想するのではなく、狭小住宅の時代となっており、壮大な都市計画の時代は終わり、ひらがなのまちづくりの時代だということになっていました。

 藤村さんは1976年生まれです。大学に入った1990年代中盤には、すでに丹下の影響力もかなり低下していたと思うのですが、なぜ彼を意識されていたのでしょう。

藤村 1991年には都庁移転もあり、まだまだ存在感がありました。それに加えて、私が小中学生を過ごした1980年代には、ポートピア81(神戸ポートアイランド博覧会)やつくば ’85(国際科学技術博覧会)などの博覧会が盛んで、ニュータウンの建設も続いていた。なにもないところに街をつくるような大規模開発に憧れてそういう仕事をしたいと思っていたんです。

なぜ福島か


 ぼくと藤村さんが親しくなったきっかけは、『筑波批評』という同人誌に掲載された記事でした。藤村さんはぼくの情報理論における仕事を参照しながら、匿名化した大衆が暮らす都市のアーキテクチャを考えるという観点で活動されていて、これは非常に興味深いものでした。そこで『思想地図β』やその前身である『思想地図』で寄稿をお願いすることになった。観光地化計画もその流れのなかにあります。
 あらためて、藤村さんにとって東日本大震災は、どういう重みを持った体験でしたか。

藤村 建築家としてより強い衝撃を受けたのは、1995年の阪神・淡路大震災の方です。安全神話が崩壊し、強い喪失感が広がった初めての経験だったからです。東日本大震災の後まもなくは、父の言葉をよく思い出していました。父は神戸の出身で、17歳で広島で被爆も経験しているため、子どもの頃から戦争経験をよく聴かされてていました。震災直後に陸前高田を訪れた際、父が言っていた広島の焼け跡の光景というのはこういうものだったのだろうかと、初めて経験を共有できたような気がしました。
 いずれにせよ、最初は原発事故よりも津波の被害に関心がありました。転機になったのは、東さんから誘われた被災地取材ですね。

 2011年の4月に、浪江町や陸前高田市を回りました。

藤村 出発前から「『思想地図β2』で復興計画を発表して欲しい」という目的は共有していたものの、どの地域をどう復興していきたいのかはあまり明確ではありませんでした。しかし、福島の沿岸部を歩き、詩人の和合亮一さんにお会いしているうちに、東さんが「福島について考えるべきなんじゃないか」とおっしゃったんですよね。じつのところ、私は陸前高田市など岩手県の被災地域の復興計画について提案しようかと思っていたのですが、そこで難しい課題を投げかけられてしまいました。

 建築家にとっては、阪神・淡路大震災がより巨大なインパクトで、3.11でもまず津波の被害により関心が向いたというのは興味深い話ですね。確かに、阪神・淡路大震災のときには、建築家たちが敏感に反応し、さまざまな提案や発言があったと記憶しています。それに比較すると東日本大震災に対する建築家たちの反応はいささか鈍い。なぜでしょう。

藤村 建築家の場合、形のあるものが壊れている状態に対してはスキルが活かせるのですが、福島については見えない問題があまりにも多く、想像力がうまく働かなかったというのが実際のところではないしょうか。おそらく、直接福島にかかわっていない大半の建築関係者は、福島についてどう考えればいいか見当もつかない。わたしも、『思想地図β』vol.2のプロジェクトで福島をテーマにしていなければ、いまだに掴めていなかったかもしれません。

 他方、先日福島第一原子力発電所に取材で入った際★1、藤村さんは、廃炉作業はいま日本で最大の建築現場であり、とくに燃料棒を取り出すためのクレーンは、最近ではなかなか見られない巨大建築だとおっしゃっていました。建築的な観点から見て、現在進んでいる廃炉についてはどう考えていますか。

藤村 日本の建築関係者にとって福島第一原発は「廃炉作業の現場こそが最大の建築現場である」という、とてもアイロニカルな存在ではないかと思います。10兆円を越えると言われている費用は中央リニア新幹線の建設費よりも高く、4号機の上空に組み立てられた構造物はかつてない大きなスケールのメガストラクチャーです。
 ただ他方で私は、根本祐二さんが『朽ちるインフラ』で主張されている通り、いま日本では、高度経済成長期に整備されたインフラがいっせいに耐用年数を迎えつつあり、統廃合を進めなければ行けない現状をみると、3.11が起きなかったとしても、近いうちに廃炉や縮小に向かい合うことが必要だったことは間違いない。震災によってタイミングが早まったことで、これから日本で取り組まなければいけないインフラの更新や縮小、撤去という作業のイメージに、先鞭をつけることになったと捉えられると思います。

 藤村さんが鶴ヶ島市で試みられているような、公共事業を縮小し畳む課題とつながっているということですね。しかし他方、『福島第一原発観光地化計画』では、「ふくしまゲートヴィレッジ」という巨大な「ハコモノ」のプランを提案している。もちろんこれは研究会の総意に基づくものですが、それを統合して形態に落とし込んだ藤村さん自身の思いや思想について、あらためてご説明いただけないでしょうか。

藤村 このプロジェクトでは、自分は「広島における丹下健三」の役割を演じることに徹しました。1945年、広島の廃墟を前に、いまと同じように、多くの建築家が立ち尽くしていたはずです。そこに丹下がモニュメントを設計し建設することで、広島という都市が持つ意味が書き換えられ、平和都市として国際的な影響力を持つ政治都市になっていった。わたしは、「ふくしまゲートヴィレッジ」をそういうものにしたいと思っています。
 東さんから話をいただいたとき、わたしは36歳でした。これは、ちょうど丹下が広島平和記念公園のコンペに取り組んだのと同じ年齢です。その頃の丹下は一介の助教授にすぎなかったものの、これをスターティングポイントとしてキャリアを築いていくことになります。そう考えて、ふくしまゲートヴィレッジも、現時点では滑稽な計画に見えるかもしれないけれど、丹下も同じようなところからスタートしていて、そのわずか25年後には大阪万博までを設計することになると考えると、あながち遠い話でもない気がしたんです。 だからあえてこういうものを発表することで、若手の建築家の「どうせ我々はもう公共事業を設計できない」、「我々は国家のことを考えてはいけない」という諦めの風潮に対して、カウンターのメッセージになればと思いもあります。

★1 2013年12月5日の福島第一原子力発電所、第二原子力発電所取材のことを指す。



 

会員の方はこちらから続きをお読みください
このコンテンツを最後まで閲覧するには【ログイン】または【月額課金購読】をしてください。
ゲンロンαを含む様々な特典のついたゲンロン友の会への入会もご検討いただければ幸いです。