チェルノブイリの勝者──放射能偵察小隊長の手記(1)|セルゲイ・ミールヌイ 訳=保坂三四郎

初出:2014年2月15日刊行『福島第一原発観光地化計画通信 vol.7』

※この作品の解説はこちらのリンクからお読みいただけます。

“自然や人間自らが作り出す最も過酷な状況下において、人間が個人あるいは集団で生存する能力に驚かずにはいられない”
Suefeld P. Extreme and Unusual Environments. In Handbook of Environmental Psychology, vol. 1, ed. Stokols D., Altman T., 863-887. New York: Wiley, 1987. Р. 878.

“放射線(電離放射線)──不安定な原子核(放射性核種)が崩壊の過程に放出する、視覚では捉えられない粒子とエネルギー。生物の体に影響を及ぼす重要な環境因子”
ソ連労働安全事典

序にかえて


ソ連政府発表
 キエフから北に130キロに位置するチェルノブイリ原子力発電所において事故が発生しました。事故現場では、ソ連政府副首相同志シェルビナ・B・Eの指導の下、関係省庁幹部、著名な学者や専門家から成る政府委員会が対応にあたっています。
 最新の情報によれば、事故は第4発電ユニットの建屋のひとつで発生し、原子炉建屋の構造物の一部崩壊、破損、一定量の放射性物質の漏出につながりました。他の3基の発電ユニットは正常に停止し、稼動待機状態にあります。この事故によって2名が亡くなりました。
 事故被害を防ぐため緊急措置が講じられています。現時点では、発電所及びその周辺地域の放射線量は平常値に戻っており、被害者には適切な医療サービスが提供されています。原発村★1及びその近隣の3居住区の住民は避難を終えています。
 チェルノブイリ原発及び周辺地域の放射線量について常時モニタリングが続けられています。

※1986年4月30日付新聞「プラウダ」(ソ連共産党中央委員会機関紙)(2面右下段。新聞の最も目につきにくい〈秘密〉欄に掲載)
 
第1章 チェルノブイリへの道

召集令状
ミールヌイ・S・V中尉殿
19(86)年(6)月(6)日(8:00)、(25)日間の訓練召集派遣のため、ハリコフ市、(ジェルジンスキー)地区徴兵所に参上すること。
身分証明書、軍務手帳、共産青年同盟員証、肌着2セット、タオル2枚、足布又は靴下2足、ハンカチ2枚、靴及び衣服、個人衛生用品を持参ありたい。
ジェルジンスク地区徴兵官代行  中佐 (コスチュク) <署名>

※署名に紫色の丸印が押されている。丸印の中央にはソ連の紋章、それを囲むように「ハリコフ州ハリコフ市ジェルジンスク地区徴兵委員会」の印字。
 

第1話 放射能への適応


「テキオウ、放射能に?

 スイスの環境系雑誌の編集者は驚きを隠しもせずにじっとこちらを見た。

 1993年。チェルノブイリ事故から七年が経ち、私がバーゼルでの講演を終えたときのことだ。

「そうだが、」相手の反応にやや面食らいながら私は同じ言葉を繰り返した。「『放射能への適応』のいったいどこがどうおかしいって言うんだい?」

 まるで川をはさんで向かい合う二人のようにお互いを見た──とっくの昔に川を渡り切ってしまった者と、目の前に川があることに気づきさえしない者。

適応とは、すなわち慣れ、順応? ホウシャノウに!!?」

──知り合いで最初に被ばくを経験したのはジェーニャ。大学の化学学部を私より数年遅く卒業したが、チェルノブイリには二ヶ月早く、五月に派遣された。なんでもジャーニャによればあっちでは最初の三日間は宿営のキャンプに滞在し、ゾーンに足を踏み入れることはないとのこと。そうやって体が適応するのを待つという。

 でもこの真偽は今も定かでない。ジェーニャの話をこれっぽっちも疑っていなかった私は、チェルノブイリに到着した翌朝、所属中隊の車列が偵察に出発するのを見送ろうかと思いテントの外に出た。すると除隊が近づいていた古参の中隊長がこっちに向かって「おい行くぞ。なにぼけっとしてるんだ?」とでも言いたげに手で合図する。私の小隊の部下たちも「中尉、出発の時間です!さあ、われわれの装甲車に!」とばかりに手招きする。仕方がないので着の身着のまま、この装甲仕様の偵察哨戒車両☆1に乗り込んだ。

1959年生まれ。ハリコフ大学で物理化学を学ぶ。1986年夏、放射能斥候隊長として事故処理作業に参加した。その後、ブダペストの中央ヨーロッパ大学で環境学を学び、チェルノブイリの後遺症に関して学術的な研究を開始。さらに、自分の経験を広く伝えるため、創作を始めた。代表作にドキュメンタリー小説『事故処理作業員の日記 Живая сила: Дневник ликвидатора』、小説『チェルノブイリの喜劇 Чернобыльская комедия』、中篇『放射能はまだましだ Хуже радиации』など。Sergii Mirnyi名義で英語で出版しているものもある。チェルノブイリに関する啓蒙活動の一環として、旅行会社「チェルノブイリ・ツアー(Chernobyl-TOUR)」のツアープランニングを担当している。

+ その他の記事

1979年秋田県生まれ。ゲンロンのメルマガ『福島第一原発観光地化計画通信』『ゲンロン観光地化メルマガ』『ゲンロン観光通信』にてセルゲイ(セルヒイ)・ミールヌイ『チェルノブイリの勝者』の翻訳を連載。最近の関心は、プロパガンダの進化、歴史的記憶と政治態度、ハイブリッド・情報戦争、場末(辺境)のスナック等。