浜通り通信(1)|小松理虔

初出:2014年5月3日刊行『ゲンロン観光地化メルマガ #12』

 こんにちは、いわき市小名浜で「UDOK.」というオルタナティブスペースを主宰しています、小松理虔と申します。今回から、この「浜通り通信」という連載を担当させて頂くことになりました。浜通りの「生」の話題をお届けできればと思います。

「浜通り」と一口に言っても、北端の相馬郡新地町から南端のいわき市勿来までは、直線距離にしておおよそ120kmほどあり、ゲンロンのある五反田から富士山までの直線距離がおよそ100kmであることを考れば、「浜通り」がいかに広大かがわかるでしょう。「浜通りと言ってもいろいろある」ことを念頭にお読み頂ければと思います。

 私は、その浜通りのうち「いわき市」の話題を中心に紹介していきますが、月に2回、広大な浜通りの話題を皆さんにお届けしなければなりませんので、私以外にも、個人的につながりのある様々な「浜通り人材」にも寄稿をお願いしていく予定です。皆さんと浜通りの「接点」として、この場を盛り上げていければと思っていますので、どうぞお楽しみに。

 さて、本題に入る前に、私とゲンロンとの関係についてお話しさせて頂くと、いわゆる『フクイチ本』刊行前に、ゲンロンから、いわき産のかまぼことエリンギを詰め合わせた『25年後の福島を考える私たちの「福島の食」セット』が発売されたのですが、私は、そのかまぼこメーカー「貴千」に勤務しており、それがきっかけでゲンロンとの関わりが生まれました。

 学者でも文筆家でもアーティストでもない、かまぼこメーカーの一社員である私が寄稿させて頂くというのは、正直「場違い」な感じがします。しかし一方で、福島県内の興味深い活動ほど、通常のプロジェクトでは起こり得ないような「異クラスタ間」の恊働や、業界のルールや人脈に左右されない深い連帯が大きな特徴になっているようにも感じています。

 この寄稿も、その流れに属するものであるならば、「場違い」なほど地元に特化したコアな話題や、当事者ならではの率直な意見発信を続けること、そこで、皆さんと浜通りの新たな関わりを生み出していくことが、私たちの役割なのではないかと考えています。プロではありませんのでつたない文章になるかと思いますが、どうかお付き合いのほどを。

いわきに生まれた奇空間「いわき回廊美術館」


 いわきと縁のある現代アーティストの蔡國強さんが手がけた「いわき回廊美術館」というスペースで、先日、いわきと蔡さんとの20年に渡る交流を祝うイベントが行われました。市内の食品メーカーや飲食店がブース出店をした「屋台美術館」という催しも同時開催され、私もかまぼこ屋として「いかのげそ揚げ」を販売させてもらいました。

【図1】いわき回廊美術館での交流イベントには、地元の人が多数来場


【図2】屋台で必死にいかゲソを売りさばく筆者。津田さんに食べてもらいたかった


【図3】交流イベントでゲストとして招かれた増田セバスチャンさん

 いわき回廊美術館は、いわき市神谷(かべや)地区の山林を整地し、その斜面の上を縫うように建築された「屋根付き遊歩道」のような建造物です。蔡さんがコンセプトデザインを行っており、英語で「The Snake Museum of Contemporary Art」と表記するように、まさに蛇が斜面を這うような形状をしているのが特徴です。

【図4】山林を縫うようにしつらえられた回廊。四季折々の表情を見せる


NEWS

連載

ゲンロンβ