チェルノブイリ・ダークツーリズム体験記(前篇)|大内暢寛

初出:2014年5月3日刊行『ゲンロン観光地化メルマガ #12』

 この文章は、2014年11月22日から28日に開催された「東浩紀監修チェルノブイリ原発見学と事故の記憶をたどる7日間」(JTBコーポレートセールス主催)における、立ち入り禁止区域(通称ゾーン)内での録音を元にした手記である。このツアーは『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド 思想地図β 4-1』(以下、チェルノブイリ本)の出版後、チェルノブイリの今を知る旅として、ゲンロン監修により開催されたものだ。私がこのツアーに参加したのは、チェルノブイリ本に登場する場所を実際に自分の目で見ることのできる機会を逃したくないと思ったからである。

 この原稿は、チェルノブイリ観光の様子を少しでも多くの人々に伝えたいという思いから執筆した。今後もこのツアーが続けて催行され、この原稿が皆さんのツアー参加への一助となれれば幸いである。

 ゾーン内には1泊2日の旅程で滞在した。ガイドはエブヘン・ゴンチャレンコ氏(40)。もともとゾーンとは関係のない仕事をしていたが、あるときゾーンを訪れ、そこが彼にとって非常に落ち着く場所だと気付き、以後ゾーンで働くようになったという。

ホットスポットを示すガイドのゴンチャレンコ氏 撮影:市場祟


ゾーンとは?サマショールとは?


 チェルノブイリ原発30km圏の入り口、ディチャトキ・チェックポイントからツアーは始まる。まずはガイドのゴンチャレンコ氏から、ゾーンについての説明があった。「ゾーンと呼ばれる区域の面積はおよそ2600?で、ルクセンブルクと同じくらい。放射能汚染の状況はゾーン一帯で均一ではない。ゾーンの入口からチェルノブイリ市までの距離はおよそ15km。バスの中の放射線量は0.1μシーベルトで、これは地球上のほとんどの地域における放射線量と同じ。車内の放射線量が高くなっていくのは、原発から10km圏に入り、窓の外にチェルノブイリ原発が見えるようになってからだ。(この2日間は雨だったため、原発の近くまで行かないと窓からは見えなかった)。ゾーンの南は最も汚染度が低い地域で、それは事故直後に吹いたふたつの風による。ひとつが北向きで、もうひとつが西向きだった。前者はベラルーシ、ロシアの一部を通り、最終的にスカンジナビアの国々に至った。後者はウクライナを通り西へ吹いていった。ゆえに、南側は一番放射能の影響を受ける量が少なかった。西側からゾーンに入った場合、原発から60-70kmのあたりから汚染地域が始まることになる。ゾーンから強制避難させられた人は約20万人で、最も多いのがプリピャチ市の約5万人。次がチェルノブイリ市の約14000人だ」。

 「サマショール」と呼ばれる自主帰還者の現状については、「強制避難先から最初に許可なく帰ってきた人々は全部で2000人程。政府は対策をとろうとしたが、次第に目を瞑るようになった。サマショールの現在の平均年齢は80~85歳くらいで、ウクライナ人としてはかなりの高齢になる。自然淘汰で人数は減っており、今は180人程度」とのことだった。

 バスはザリッシャ村跡へと向かっていた。ザリッシャ村はゾーン内でも大きい村の一つで、事故当時約3000人が住んでいたという。

ザリッシャ村にて~原発が命を吹き込んだが、結局命を奪った~


 バスを降り、歩いて村へ向かう。ゴンチャレンコ氏が村について語った。「村民は当初、原発事故の深刻さを理解しておらず、避難先からすぐに帰って来られると考えていた。そのため家の中のものなどはそのままにされていた。数ヶ月が経ち、人々に家財の持ち出しを許可する法令が出されて、帰還日が設定された。その際、生活用品などは持ち出されたが、家具などは放置された」。

 ツアー参加者が「建物の中に廃れた家具などがあるのか?」と尋ねると、ゴンチャレンコ氏は「住民たちが必要なものを持ち帰った後、兵士たちが家々を巡り、残された家具などを収容した。それらは今でもゾーンの中の機関やホテルで使われている」と答えた。人々のものは国のものとして扱われたのだ。

ザリッシャ村の打ち捨てられた家 撮影:編集部

 氏は続けて「この村にはとても大きな牧場があった。ここの土地は農作物を育てるにはあまり適さず、それがここに原発が誘致されたひとつの理由でもあった。チェルノブイリ原発は両義的な意味を持っている。この地域はウクライナの中ではかなり奥まった田舎だったため、人口密度も少なく、原発誘致以前はどんどん過疎が進んでいた。原発がやってきて新たに命を吹き込んだという面が、この土地にはあった。しかしその原発がこの土地の命を奪ってしまった」と、土地と原発の関係に触れた。これは、日本の福島と同じ構造であるといえる。

 ザリッシャ村からバスへと引き返す。ゴンチャレンコ氏は、福島第一原発の事故から5ヶ月が経った頃、2ヶ月ほど日本に滞在したという。「福島の状況を見てどのように思ったか」との質問に、ゴンチャレンコ氏は「チェルノブイリよりも状況はかなりいいのではと思った。ウクライナ人で自分のように福島に行った人には、同じ意見の人が多かった。チェルノブイリの場合は問題は何千年にも渡って残り続けるが、現在の福島の汚染状況は、50年程度の年月が経過すれば、特に除染作業をしなくても改善されるだろう」と述べた。一方で、「人間が被った被害の点では、チェルノブイリと全く同じ状況だと思う。人間の感情はどんな状況でも同じで、いつになったら帰れるのかといった心配は、事故の規模に関わらずなくならない」とも語った。この指摘は、日本がチェルノブイリから学べることのひとつであるだろう。


会員の方はこちらから続きをお読みください

このコンテンツを最後まで閲覧するには【ログイン】または【月額課金購読】をしてください。
ゲンロンαを含む様々な特典のついたゲンロン友の会への入会もご検討いただければ幸いです。

その他の記事

1989年宮城県生まれ。明治学院大学大学院在学中に、第一回チェルノブイリツアーに参加。東北大学大学院卒。英文学修士(英語学)、文学修士(哲学)。