浜通り通信(4) ブルーシートとは何だったのか|江尻浩二郎

初出:2014年06月15日刊行『ゲンロン観光地化メルマガ #15』

 ゲンロン観光地化ブロマガ読者の皆さん、初めまして。いわき市小名浜在住の江尻浩二郎です。この「浜通り通信」では、小松理虔さんがこれまで3回にわたって「場づくり」に関する記事を掲載してきました。今回は趣向を変えまして、今年2月に第58回岸田國士戯曲賞を受賞した『ブルーシート』についての座談会を紹介したいと思います。

 非常に特殊な背景を持つ演劇作品『ブルーシート』は、福島県立いわき総合高校総合学科・芸術表現系列(演劇)の10期生による、2年次のアトリエ公演として上演されました。作・演出は飴屋法水氏。震災後のいわきをめぐる「表現」に関して、もっとも大きなインパクトを与えた作品と言ってよいでしょう。

 そこでは何が企図され、上演を経て何が残ったのか。当時の教科演劇主任であった石井路子先生とともに、チームとして『ブルーシート』の創作に関わり、現在も同校同コースで教鞭をとる齋藤夏菜子先生、そして谷代克明先生のお二人を招いてお話を伺うことができました[★1]。聞き手は、実際に本公演を観ているUDOK.主宰の小松理虔さん。

 奇跡の周辺をゆっくりと巡るこの座談は、やがておそらく、いわきで創作することの或る重みを感じさせてくれるはずです。ぜひ御一読下さい。
 

座談会に参加した、左から谷代先生、齋藤先生、筆者、小松理虔さん
 

この記事は有料会員限定です

ログインする

月額課金購読する

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1970年小名浜の醤油醸造元に生まれる。居所を定めず、日本国内外で、演劇および異文化理解に関わる活動を行っていた。震災後1年で中央アジア・キルギス共和国より帰郷。現在は某ラジオ局に勤務し、いわき市内中山間地域および久之浜地区を担当。UDOK.メンバー。自宅(実家)からUDOK.まで徒歩3分。 撮影:橋本栄子

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ

関連記事