相馬野馬追+南相馬市ツーリズムレポート|大脇幸志郎

初出:2014年8月15日発行『ゲンロン観光地化メルマガ #19』

 南相馬市の伝統行事、「相馬そうま野馬追のまおい」をご存じでしょうか。

 年に一度、10万人以上の観衆が押し寄せるこの祭りは、伝説によれば平将門までさかのぼるといい、国の重要無形民俗文化財に指定されています。今年も7月26日から3日間にわたって開催され、大盛況を迎えた野馬追を、運よくゲンロンが取材する機会がありました。この文章は野馬追を中心にした取材小旅行のレポートです。

 この取材企画は、ゲンロンカフェで7月5日から8月9日まで開催した原町無線塔展からつながって生まれました。この展示ではかつて南相馬市原町にあった原町無線塔に注目し、関東大震災に際していちはやく情報を海外に伝え、重要な役割を果たした原町無線塔にまつわる資料を集めました。このとき情報提供など多大なご協力をいただいたのが、あとで野馬追取材のきっかけをくださった二上英朗さんです。二上さんは合併前の原町市で生まれ、南相馬市の郷土史を在野で長年研究されてきた方で、『原町無線塔物語』など多数の著書があります。無線塔展開催にあたっては、オープニングとして7月5日にゲンロンカフェのイベントにもご登壇いただきました。

 展示開始後のある日、二上さんからFacebookメッセージで、野馬追のお誘いが届きました。ほかでもない二上さんにご案内いただけるなら、と二つ返事で同行をお願いし、取材実現が決まりました。

 取材に行った大脇は、震災後浜通りに入るのはこれが初めてです。二上さんは不案内な大脇を先導して、野馬追についての詳しい解説とともに、近隣の見どころを教えてくださいました。おかげさまで南相馬市の歴史と文化について学ぶところの多い取材になりましたので、野馬追の様子に加えて、二上さんお勧めの場所をいくつか紹介します。

1日目


 出発は26日早朝。東北新幹線を福島で降り、原町行きのバスに乗り換えます。バスの窓からは、途中通過する飯舘村を含め、そこかしこに除染作業中の立札やのぼり旗、除去された土を詰めた黒い袋などが見えます。

写真1 常磐線が寸断されているため、南相馬市へのアクセスはバスが頼り。車体には野馬追をイメージした騎馬武者のシルエットが。
 

 バスの車体にも描かれているとおり、野馬追は南相馬市のアイデンティティの重要な部分をなしています。ここで野馬追とは何かを簡単にご説明しましょう。野馬追は毎年7月末、北は相馬市から南は双葉郡までにまたがる広い地域が一体となって開催する行事です。成立当初は、その名のとおり野原に裸馬を放ち、小高神社★1の境内に追い込んで素手で捕らえるというものでした。この神事はいまでも「野馬懸のまがけ」と呼ばれてその形を残し、一連の行事の最後に行われます。現在の行事の多くは明治時代以降に工夫されたもので、武士の甲冑をまとい、馬にまたがった武者の隊列が御神輿ごしんよ雲雀ヶ原ひばりがはらの本陣に運ぶ「お行列」、騎馬武者が競走する「甲冑競馬」、さらに「神旗争奪戦」などの部分から成っています。この取材では最も人気が高い「神旗争奪戦」までを見学しました。

★1 「ゲンロン観光地化メルマガ #18」に掲載されている「【友の会ダークツーリズム】週末思想研究会 活動記録:ツーリズム編 #2 福島花見(後編)」では、週末思想研究会が小高神社を訪ねて花見をした模様が報告されている。


NEWS

連載

ゲンロンβ