海を渡る船(1) 記者が見た最後の集団引揚げ|撮影=中沢道明 編集・文=荒木佑介

初出:2014年12月18日刊行『ゲンロン観光地化メルマガ vol.27』

第2回はこちら

 

興安丸、けさ出港 赤十字も緑にかえて
【舞鶴発】第十一次ソ連帰国船、興安丸はきょう十七日午前八時舞鶴を出港する。興安丸は今回から赤十字船から政府船となったため船腹の「赤十字」も「緑十字」にぬりかえたほか、今度はクリスマス当日舞鶴に〝お年玉帰国〟になるのではじめて船内慰問用として日赤は千四百本のブドウ酒、千二百袋入りのたばこ、キャラメル、雑誌、また舞鶴地方引揚援護局でも千四百人分の日用品を十六日それぞれ積込みを終り医師三名、看護婦十八名の船内救護班ほか厚生省、日赤の各代表もすでに乗船準備を終り出港を待っている。(読売新聞 昭和31年12月17日 7面)

興安丸、舞鶴を出港 帰港は一日繰上げか
【舞鶴発】日ソ復交に伴うソ連抑留戦犯など千余名を迎えに行く帰国船興安丸(七、〇七七トン、玉有勇船長)は十七日午前八時三十分無風、快晴の舞鶴港を出港した。同船はいったん門司に寄港のうえ一路ナホトカに向かうが、舞鶴地方引揚援護局では最初予定したように二十六日舞鶴に帰港すると三泊四日の帰国業務もあり、北海道方面の人はお正月に間に合わないかもしれないと心をくばり、できれば一日早め二十五日朝舞鶴に上陸できるよう準備を進めている。(読売新聞 昭和31年12月17日 夕刊 5面)

 

出航前の興安丸。
 

興安丸に乗船する人。
 

この記事は有料会員限定です

ログインする

月額課金購読する

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

なかざわ・みちあき/1922年東京生まれ。時事新報・社会部記者を経て読売新聞・社会部記者、同次長、編集局参与。常駐特派員として沖縄(二年間)南ベトナム(一年間)駐在、移動特派員としてアフリカ各国、西アジア各国、東南アジア各国、アメリカ合衆国で取材。慶応義塾大学法学部政治学科卒。2007年没。

+ その他の記事

1979年リビア生まれ。アーティスト/サーベイヤー。東京工芸大学芸術学部写真学科卒。これまで参加したおもな展覧会に「瀬戸内国際芸術祭2019」(KOURYOUチームリサーチリーダー、2019年、女木島)、「削除された図式 / THE SIX MAGNETS」(2020年、ART TRACE GALLERY)など。また『ゲンロン観光通信』、『レビューとレポート』などに論考を寄稿している。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ

関連記事