つながりロシア(12) 文学の「死」の後の文学の運命|松下隆志

初出:2020年5月25日刊行『ゲンロンβ49』

現代ロシア文学という「物語」を読む

 コロナ禍により、わずか数ヵ月の間に世界の有り様が激変した今となっては遠い昔のことに思えるが、去る2月末に初の単著『ナショナルな欲望のゆくえ――ソ連後のロシア文学を読み解く』を出版社「共和国」より上梓した。2015年に北海道大学に提出した博士論文を基に、『ゲンロン6』に寄稿した論考★1を加え、章構成の変更などを含め全体的に読みやすく加筆修正を行っている。 現代文学というテーマ上あまり時間が経つことは望ましくなかったので、とりあえずこうして形にできたことに安堵している。

『ナショナルな欲望のゆくえ――ソ連後のロシア文学を読み解く』(共和国、2020年)

 ソ連崩壊からはや30年が経とうとしている。拙著が扱っているのは、おもに90年代と00年代の二つのディケイドにおけるロシア文学のプロセスである。幸い、近年は現代ロシア文学の翻訳が進み、様々な作家のテクストに日本語でアクセスできるようになった。一方で翻訳される作品には偏りもあり、作家たちの背後にある共通の問題意識や文脈までは把握しづらい現状もある。そこで拙著では、ただ個々の作家や作品の分析に留まらず、現代ロシア文学の展開をひとつの「物語」として読み解くことを試みた。

 もちろん、それは容易なことではない。ソ連時代のように文学を体制/反体制といった単純な構図で語れるような状況にはもはやないのだ。日本同様にジャンルの多様化も進むなか、ある書評家が、現代文学の膨大な作品を寄せ集めたところで、できあがるのはせいぜい相互に関連のないバラバラの「リスト」だと嘆いたのも無理はない★2。「リスト」を「物語」に変えるには、軸となるキー概念を設定し、分析対象を取捨選択する必要がある。

 そこで目をつけたのが、90年代のロシアで大流行したポストモダニズムだった。もともとウラジーミル・ソローキンというポストモダン作家の研究や翻訳をしており、彼の創作の背景を深く掘り下げてみたかったというのもある。さらに、日本のオタク文化にポストモダン性を見いだし、「データベース消費」や「動物化」といった独自のポストモダン論を展開した東浩紀の『動物化するポストモダン』(2001年)も念頭にあり、欧米のそれとはかなり異質なロシア版のポストモダニズムを起点に現代ロシア文学のプロセスを考察してみれば面白いだろうと考えた。

この記事は有料会員限定です

ログインする

月額課金購読する

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1984年生まれ。京都大学非常勤講師。専門はロシア文学。著書に『ナショナルな欲望のゆくえ』(共和国)、訳書にソローキン『青い脂』(共訳)、『テルリア』(いずれも河出書房新社)、ザミャーチン『われら』(光文社古典新訳文庫)など。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ

関連記事