革命・アート・カーニバル──ウクライナ・ユーロマイダン運動と芸術家のまなざし|アレクサンドル・ロイトブルト インタビュー 聞き手・翻訳=上田洋子

初出:2015年06月12日刊行『ゲンロン観光通信#1』

芸術といま

上田洋子 今日はお時間をいただきありがとうございます。

 ロシア人キュレーターのマラート・ゲリマン★1が、近未来のヨーロッパを描いたウラジーミル・ソローキンのディストピア小説『テルリヤ』★2をテーマに美術展を企画していましたよね。ロイトブルトさんが作品を作ることになっていたと思います。あの企画はどうなったのでしょう。

アレクサンドル・ロイトブルト たしかにそういう企画がありました。しかし、アクチュアリティを失ってしまいました。ゲリマンはロシアを離れ、モンテネグロに活動拠点を移しました。わたし自身、その後ゲリマンからモンテネグロにくるよう何度も招かれているのですがね。

上田 とはいえ、展覧会用に作品をいくつか準備されたのではないですか。ゲリマンのフェイスブックで拝見しました。

ロイトブルト ゲリマンからオファーがあったときに、過去の作品を送ってみたんです。『テルリヤ』に併せて制作したものではなかったのですが、小説の感覚とマッチしたようです。

上田 ネットにもろに表出してくるようなベタな欲望を持った人々が、それぞれの小さな国でまったくばらばらに生活しているありさまを数珠繋ぎ的に描いたソローキンの『テルリヤ』は、いまの世界の空気をとてもよく表しているように思われます。『テルリヤ』が出版されたのは2013年10月ですから、ウクライナの革命運動ユーロマイダン★3はその直後に始まったことになりますね。ロイトブルトさんの作品も、マイダンの状況を先取りしていたように見えます。

【図1】アレクサンドル・ロイトブルト「旗を掲げるひと」2014年 (c)Александр Ройтбурд

革命直後の大統領邸宅

上田 昨日、メジヒーリエのヤヌコーヴィチ元大統領の邸宅★4を見てきました。ロイトブルトさんは「メジヒーリエ法典」★5という展示をキュレーションされていますね。ヤヌコーヴィチ邸に残された美術品・調度品から構成した展示です。この展示に関しては、ネット上でかなり話題になっていました。また、ロイトブルトさんが共同キュレーターのアリサ・ローシキナ★6とロシアの演劇誌「テアトル」に寄稿された論考「マイダンとメジヒーリエ――二つのスペクタクルの社会」★7では、展示のコンセプトが述べられていますね。ロイトブルトさんの活動は、今回のウクライナ訪問でわたしたちがヤヌコーヴィチ邸を訪れる大きなきっかけとなりました。展示について少しお話をいただけますか。

ロイトブルト 「メジヒーリエ法典」展のことをお話しするのは簡単ではありません。わたしはヤヌコーヴィチ邸には一度行っただけで、二度と行きたいとは思いません。とにかくいやな場所でした。

 わたしがそこに行ったのは、ヤヌコーヴィチがウクライナから逃げた2月22日のことでした。この日、ヤヌコーヴィチ邸にトラックが何台も着けられているとの報道がありました。知り合いのジャーナリストから、いますぐ学芸員にきてほしいのだとの連絡を受け、キエフの美術館で働いているアリサ(ローシキナ)とメジヒーリエに行ったのです。この日は大量の車がヤヌコーヴィチ邸に向かったため、ものすごい渋滞でした。表の入り口から入ることはできず、裏の検問所からなかに入りました。ヤヌコーヴィチ邸をコントロールしている百人隊長を名乗るひとから何度も電話がありました。百人隊とは、マイダンの自警団です。だいたい100人ずつの小隊に分かれていたので、この名前がついた。ウクライナ・コサックの用語を踏襲しています。ヤヌコーヴィチ逃亡後、その邸を占拠したのはマイダンの過激派でした。

 彼らにはヤヌコーヴィチ邸を博物館にしたいという意図があり、調度品などが盗まれるのを恐れていました。だから美術館の学芸員を呼んだのです。わたしたちはやっとのことで門までたどり着きましたが、立ち入り禁止だと言われた。守衛に事情を説明して、関係者に連絡を取ってもらい、やっと入ることができた。門のところには送迎車がいて、入場許可の出たひとたちを集めて、それぞれ目的の建物まで送ってくれました。敷地内には建物がいくつもあるのです。

 わたしたちのほかに、犬の調教師やダイバーが呼ばれてきていました。ヤヌコーヴィチ邸を逃亡後に屋敷を占拠し、管理をはじめたのは田舎の素朴な若者たちでした。いま、なにが重要で、だれをなかに入れるかを彼らが決定しているわけですが、彼らにとってダイバーはどうやらもっとも重要らしい。敷地内の湖や川に隠したものがあるからだとのことでしたが、もう夜でしたから、なにも見えないはずでした。調教師は、犬好きのヤヌコーヴィチが飼っていた高級犬のために呼ばれた。結局、明日餌をやればいいだろうという話になっていました。

 わたしたちは、荷物を積んだトラックが停まっているガレージへと連れて行かれました。

この記事は有料会員限定です

ログインする

月額課金購読する

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

1961年オデッサ生まれのウクライナの画家。ウクライナ独立後の1993年、仲間とともにオデッサの現代美術協会「新しい芸術」を創設。1991年から2001年までは同協会代表。また、2002年から2004年までキエフに存在したマラート・ゲリマン・ギャラリーの支部でも代表を務めた。作品はウクライナ・ロシアの代表的な美術館やニューヨークのMOMAなど、国内外の美術館に所蔵されている。社会評論家としても活動をしており、フェイスブック(https://www.facebook.com/aleksandr.roytburd)を中心に活動し、多くの購読者を持つ。また「ウクラインスカ・プラヴダ」紙にブログ(http://blogs.pravda.com.ua/authors/roytburd/)を持っている。

+ その他の記事

1974年生まれ。ロシア文学者、ロシア語通訳・翻訳者。博士(文学)。ゲンロン代表。著書に『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド 思想地図β4-1』(調査・監修、ゲンロン)、『瞳孔の中 クルジジャノフスキイ作品集』(共訳、松籟社)、『歌舞伎と革命ロシア』(共編著、森話社)、『プッシー・ライオットの革命』(監修、DU BOOKS)など。展示企画に「メイエルホリドの演劇と生涯:没後70年・復権55年」展(早稲田大学演劇博物館、2010年)など。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ