言葉の力はまだ生きているか? タイ作家・編集者パブリックトーク「沈黙を語る言葉――クーデター期のタイ文学と言論空間」を終えて|福冨渉

初出:2015年08月14日刊行『ゲンロン観光通信 vol.3』

「タイ文学」というのはなかなか難儀な言葉である。一般的な認知の問題からか「タイ」と「文学」のどちらもうまく聞き取ってもらえず、あげく「台湾文学」や「タイ音楽」になったりするので、自己紹介が必要なときはできるだけ「タイという国の言葉、タイ語で書かれた小説を読んでいます」と言っている。

 とはいえ、マイナー言語で書かれた文学としての知名度の低さを特権化して同情を買う気は毛頭ない。このたぐいのエピソードが生まれるのは、別にタイ文学に限ったことではないからだ。あまり知られていないことだが、これまで日本語に翻訳されたタイ文学作品の数は長編・短編・詩を合わせると300を超える★1。この数を多いと見るか少ないと見るかは各人の自由だが、個人的には「思ったより多い」し、「思ったより少ない」。「思ったより多い」喜びをここで表現する紙幅はないが、6,500万の人口に対し6万を超える在タイ邦人数、年間65万人の訪日タイ人数(2014年)、600年の交流史、130年の外交関係、互いに輸出入相手国の上位にあるという事実と照らし合わせると、このアンバランスは確かに「思ったより少ない」。

 

 日本でタイ文学が特に集中的に翻訳されたのは1970~80年代のことだ。日本をとりまくアジア情勢の動向に対する興味関心と、戦後の「地域研究」の拡がりから、新聞社や財団が東南アジア文学の翻訳紹介に対して紙面や助成金を与えるようになった★2。その結果としてタイ文学も、文脈には関係ない一本一本の植物の名前にまで脚注が付されるような、地域研究・社会科学的分析の視点も含めて受容された。

 ただこの状況は日本からの「第三世界の隣人たち」に対するまなざしだけから生まれたものではなかった。作家が社会的・政治的なメッセージを発する公共的知識人の役割を期待されていた、タイ文学の伝統もそこに関わってくる。タイ近代文学の黎明期は1920年代であるとされるが、そこからの90年あまりで未遂も含めて20回程度のクーデターが起きた。政治的不安定の中で、作家の政治参加はある種必然となっていた部分もある。

 それでも1980年代以降の政治状況は比較的安定しており、文学も社会・政治参加型の「生きるための文学」から純文学的傾向にシフトしていった。タイ文学史において現代文学の起点を1980年代におくのはそのためである★3

 そこに再び大きな変化が起きたのは21世紀に入ってからのことだ。2001年のタクシン政権の成立と、2006年の軍事クーデターによる失脚、それを端緒に深化・激化し、多数の死傷者を出すことになった赤服=民主主義・タクシン派と黄服=保守・王党派の派閥対立(無論、現実には二つの派閥の対立という単純な構図では説明しきれない混迷した状況にある)。この時期には、タイ国の刑法112条、いわゆる「王室不敬罪」の恣意的な濫用が目立つようになった。「国王、王妃、王位継承者あるいは摂政を中傷、侮辱しあるいは敵愾心を示す者は3年から15年の禁固刑に処する」という、この極めて曖昧な条文は、保守派の人々が対立者を消し去るための言論統制の道具として、縦横無尽に用いられた。この混乱の中、タイの作家・言論人たちは、不敬罪の改正運動を組織するなど、さまざまな形で再び政治にコミットしていくようになった。冗談のような話だが、この作家たちの運動は「不敬罪の改正運動こそが不敬罪だ」という強烈な反撃にあい、縮小を余儀なくされた★4。個人主義の時代にあると評されていた現代文学においては、ひとりひとりの小さな「声」から画一化、硬直化した規範・価値観・歴史のあらゆる側面を問い直すような物語が多く見られるようになった。

 そしてその混沌の先にあったものが、2014年5月22日の軍事クーデターだった。

 

 前置きがあまりに長くなったが、その渦中にいる人々の声を実際に聴いてみようというのが、2015年7月14日(火)にゲンロンカフェで開催されたパブリックトーク「沈黙を語る言葉:クーデター期のタイ文学と言論空間」の趣旨であった。登壇者は作家のウティット・ヘーマムーンと編集者のアイダー・アルンウォン。司会・通訳は筆者、東京外国語大学大学院の福冨渉が務めた。

★1「邦訳されたタイ文学作品の作家別目録」宇戸優美子編、『東南アジア文学』13号(2015)、137-111頁。
★2「タイ文学は日本でどのように紹介されてきたか」宇戸清治、同書、6-15頁。
★3「タイ現代文学と知的空間の変転―『生きるため』から『創造』へ」福冨渉、綾部真雄編、『タイを知るための72章』明石書店(2014年)、307-310頁。
★4 運動の中心にいた作家集団セーン・サムヌックのセミナーのようすを以下で読むことができる。今回の登壇者ウティット・ヘーマムーンも参加している。「セミナー『文学における市民』」作家集団セーン・サムヌック/福冨渉訳、『東南アジア文学』12号(2014)、31-84頁。


NEWS

連載

ゲンロンβ