チェルノブイリで学ぶロシア語|上田洋子

初出:2015年11月13日刊行『ゲンロン観光通信 #6』

 2015年7月23日から9月24日まで、ゲンロンで初級ロシア語講座を開催した。10月のチェルノブイリツアーに向けた、8日間全16回の講座である。ツアーにあわせて企画した講座とはいえ、一般の、ツアーには行かないけれどもロシア語はやってみたいというひとも対象とした。結局、16名が受講。今年のチェルノブイリツアー参加者は、そのうちのたった1名だったが、過去のツアー参加者が3名いた。旅先で見聞きしたロシア語が、彼らの頭に残っているのは嬉しい。

 わたしは2009年から大学でロシア語を教えている。少なくともわたしが教えている大学では、ここ3年程、第二外国語のロシア語学習者は増えつつある。2014年ソチ五輪などをきっかけに、ロシアがより可視化されたことや、プーチン大統領が独特のキャラクターで存在感を示していることなどが理由として考えられる。また、最近ではアニメなどの日本のサブカルチャーでも、ロシア関係のコンテンツが一定量出てきているようだ。さらに昨今の嫌韓嫌中の空気のなかで、かつてこれらの言語を選択していた層がロシア語に流れてきている。

 とはいえ、ゲンロンでロシア語講座を開催するにあたり、わたしは正直、ひとが集まるのか不安だった。かつてはカルチャーセンターなどでも人数が集まらず、講座が開講されない例を耳にすることもあった。5人くらいしか集まらないのではないか、所詮ロシア語なんてやりたいひとは見つからないのではないか?? 申込みサイトを作っているときも、そんなちょっとした恐怖感をぬぐい去ることはできなかった。

 それが、16名も集まった。語学教室にはちょうどいい人数だ。この数なら授業中に全員を当てることもできる。なにより、ロシア語に興味を持つひとがたくさんいることが純粋に嬉しかった。授業の最後まで残ったのは11名。最終回の授業では、『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド』に登場し、チェルノブイリツアーでもお世話になっているアレクサンドル・シロタさんとSkypeで対話をした。シロタさんは廃墟となった原発衛星都市プリピャチの保存運動を行うNPOの主催者だ。
 

これは10月のツアーで彼のお宅を訪れた時の写真だ。『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド』の取材の際にはキエフに住んでいたが、その後、チェルノブイリ立入禁止区域のすぐそばのディチャトキ村に引っ越した
 

こちらがSkypeによる対談。画面に映っているのはプルジェワリスキー馬という野生の馬で、チェルノブイリ立入禁止区域のなかに生息している。なぜかシロタさんの家に住み着いてしまったのだと言う(10月にお会いした際に、これはお隣が飼っている牡馬に惹かれてやってきた牝馬たちであることが判明した)。Skypeには犬も登場し、シロタさんにじゃれて飛びかかってくるので、映像がめちゃくちゃで会話にもならないシーンなどもあってたいへんに盛り上がった。Skypeの頼りない音声で、しかも屋外で、タブレットを用いた中継だったにもかかわらず、生徒たちの自己紹介も質問もシロタさんにきちんと通じて会話が成立し、授業の成果が実感された
 

この記事は有料会員限定です

ログインする

月額課金購読する

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1974年生まれ。ロシア文学者、ロシア語通訳・翻訳者。博士(文学)。ゲンロン代表。著書に『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド 思想地図β4-1』(調査・監修、ゲンロン)、『瞳孔の中 クルジジャノフスキイ作品集』(共訳、松籟社)、『歌舞伎と革命ロシア』(共編著、森話社)、『プッシー・ライオットの革命』(監修、DU BOOKS)など。展示企画に「メイエルホリドの演劇と生涯:没後70年・復権55年」展(早稲田大学演劇博物館、2010年)など。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ

関連記事