世界初の軍歌ミュージアムがなぜ台湾に?|辻田真佐憲

初出:2015年06月15日刊行『ゲンロン通信 #16+17』

 昨年の12月14日、台湾南部の屏東市に「軍歌館」がオープンした。その名のとおり、軍歌専門のミュージアムである。私は20年近く世界の軍歌を調べてきたが、いまだかつて軍歌をテーマとするミュージアムの存在は聞いたことがなかった。

 なぜ、軍事でも音楽でもなく、軍歌の博物館なのか。誰が一体何のために開設したものなのか。次々に疑問が湧き、居ても立ってもいられなくなった私は、さっそく航空チケットを取り、オープンして10日後の24日に外国人として初めて同地に乗り込んだ。

 世界の軍歌をテーマとする本連載の初回として、以下その訪問記をお送りする。

 そもそも、私がこんなにも早く「軍歌館」を訪問できたのは、フェイスブックで台湾の漫画表現研究者の蔡錦佳(ルビ:サイチンチア)氏(37歳、取材時)に開館を知らせてもらったことが大きい。

 屏東市に住む氏は、神戸芸術工科大学の大学院に留学し、大塚英志氏に師事した経歴の持ち主。軍歌が専門ではないが、同館の設計や展示に関わり、その中で日本の軍歌研究者である私にも声をかけたのだという。この日は、通訳を務めていただいた。

 また、同日は台湾の軍歌研究者である李文堂(ルビ:リーウェンタン)氏(67歳)が私のためにわざわざ台北市からやって来られた。氏は屏東の出身で、政治作戦学校で音楽を修め、その後長く国防部芸術工作総隊に勤務して、軍歌を数多く生み出した実作者でもある(現在は退官)。「軍歌館」の展示は、その著作『台湾軍歌発展研究(1949–1991)』に多くを拠ったと聴く。

 その他、屏東県庁文化部の課長まで顔を出された。突然の訪問だったにもかかわらず、盛大な歓待を受けて恐縮してしまった。

 さて、肝心の「軍歌館」である。母屋は一一一坪の平屋で、なかなか立派な印象だ。ゲンロンカフェの広さが40坪といえば、その大きさが分かるだろうか。

 ただ、それ以上に意外な発見があった。なんとこの建物は、日本統治時代の陸軍官舎だったというのだ。「軍歌館」だけではない。「勝利新村」と呼ばれるこの地区の建物の多くは、昭和初期に整備された飛行第八連隊の官舎なのである。これほどまとまって残っている日本軍の官舎群は台湾でも珍しいとされる。

 なるほどよく見ると、屋根などに日本家屋の面影がある。とはいえ、屏東市は冬でも気温が20度を超える南国。椰子の木が生い茂る景色は異国情緒に溢れ、いわれなければ日本時代の建物と気付かなかったかもしれない。

 これら官舎群は、戦後に国共内戦で敗れた国民党政府によって接収され、大陸から渡ってきた人々の住居とされた。このようなエリアを台湾では「眷村」と呼ぶが、「勝利新村」は台湾の複雑な歴史を今に伝える貴重な場所なのである。

 今なお人が住む建物もあるものの、空き家は県庁によって管理され、その一部が「軍歌館」のようなミュージアムや飲食店に改造されて観光客を受け入れている。県庁文化部の課長まで迎えてくれたのは、このような事情が背景にあった。

 前置きが長くなってしまった。「軍歌館」の中に分け入ってみよう。そこには、日本では考えられないほど贅沢な造りの空間が広がっていた。

 例えば、受付前に設置された大きなタッチパネル。ここでは、台湾の軍歌史や「軍歌館」の成り立ちなどを知ることができる。また、常設展室にはところどころにアイパッドが備え付けられ、展示に則した軍歌の動画も閲覧可能だ。軍歌のリズムに合わせてボタンを押して点数を競う、「太鼓の達人」のようなゲームのコーナーまである。

 屏東市は高雄市に隣接するが、それほど大きな街ではない。いってしまえば普通の地方都市だ。にもかかわらず、「軍歌館」は日本の地方にありがちな、ガラスケースに史料が並んでいるだけの郷土資料館の類とは全く印象が違う。

 母屋だけでも内容十分なのだが、さらに隣には別棟も建っている。そこには映写室があって、将来はゲストを呼んでここで講演してもらうことも考えているらしい。

 母屋の一室に椅子を並べて、そこを即席のイベントルームにすればいいのでは……と思わず考えてしまうのは、貧しい文化予算と高い場所代との間で右往左往することに慣れてしまった東京人の悲しい宿命だろうか。とにかく、羨ましいほどの豪華さが私の印象に強く残った。

 もちろん、李文堂氏が関わっているだけあって、常設の展示もよくできている。日中戦争の頃から現在に至るまで、台湾(中華民国)軍歌の変化が手に取るようにわかる。国防部の後援を受けるものの、展示は概ね冷静で、普通のミュージアムを想像してもらえばほぼ間違いない。

 とりわけ、国民に飽きられないように国軍が女性歌手に軍歌を歌わせたという話は興味深かった。そう、国軍も軍歌を普及させ、愛国心を育てるためにあらゆる手を尽くしたのだ。また、1990年以降は中国との関係改善を受けて、反共的な歌詞が改訂されたという指摘も印象に残った。

 私が訪問した時は「熱血燃焼的音符」という特別展をやっていて、台湾軍歌の作者の系譜や、LPレコードなどを見ることができた。私のような軍歌の研究者にはまさに宝の山であり、この時の感激は一生忘れることはないだろう。


NEWS

連載

ゲンロンβ