ゲンロンα会員規約

「ゲンロンα会員規約」(以下「本規約」といいます)は、株式会社ゲンロン(以下、「当社」といいます)が提供する電子情報サービス「ゲンロンα」(以下、「本サービス」といいます)の利用条件を定めるものです。
本サービスは、当社が定めるウェブサイト(以下「本サイト」といいます)において、ゲンロン友の会会員(以下、「友の会会員」といいます)およびゲンロンαの月額会員(以下、「α月額会員」といいます)に対して提供します。単に「会員」という場合は、友の会会員とα月額会員の両方を指します。
ゲンロン友の会は、当社が運営する年間の会期制サービスです。友の会会員の規約はゲンロン友の会サイト内で公開しています。
本サービスの利用を希望するユーザーは、友の会会員の場合は別途発行されたIDを用いて最初にログインした時点で、α月額会員の場合は会員登録(利用料支払いのための決済情報登録を含みます)を行った時点で、本規約に同意したものとみなします。
本規約の内容は、当社の判断により事前に予告なく変更することができます。変更後の本規約を本サイトに掲載した時点から、友の会会員およびα月額会員は変更された内容に同意しているものとみなされます。

第1条(適用の範囲)

本規約は、当社が運営する本サービスに適用されるものとします。

第2条(必要環境)

本サービスの利用には、インターネットへの接続環境が必要です。通信料金はユーザーが負担するものとします。

第3条(本サービスの目的)

1. 本サービスは、本規約のほか、関係法令を遵守している方に限り、利用できるものとします。

2. α月額会員はアカウントを作成し会員登録することで本サービスを利用できるようになります。友の会会員は、当社が別途発行し送付するIDによってログインすることで、本サービスを利用できるようになります。

3. 会員が未成年者である場合は、親権者など法定代理人の同意を得たうえで当サービスを利用しなければなりません。

4. 本サービスは個人で利用するものとします。ゲンロン友の会の加入法人には、加入口数に応じた個人用のアカウントを発行いたします。

5. 当社は、会員が以下の各号に該当すると判断した場合、事前の通知や催告などを経ることなく、本サービスの利用を恒久的または一時的に停止することができるものとします。

i. 法令または本規約もしくは当社の個人情報保護方針に違反した場合。
ii. 死亡した場合、または後見開始、補佐開始もしくは補助開始の審判を受けた場合。
iii. 過去に本サービスの利用を停止され、または会員登録を取り消されたことがある場合。
iv. 暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、総会屋、社会運動等標榜ゴロ、特殊知能暴力集団その他これに準じる反社会的勢力(以下「反社会的勢力等」といいます)であると判明した場合、また資金提供その他の行為を通じ、反社会的勢力等の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与するなど反社会的勢力等との交流もしくは関与をしている場合。
v. 上記各号の他、アカウント停止が適切であると当社が判断した場合。

5. 会員は、会員登録にあたり、以下を遵守するものとします。

i. 虚偽の個人情報を提供したり、許可なく他人のアカウント情報を利用したりしない。
ii. 過去にアカウントが当社によって停止されたことがある場合、当社の許可なく新たなアカウントを作成しない。
iii. 他人とパスワードを共有する、他人にアカウントへのアクセスを許可するなど、アカウントのセキュリティが脅かされる行為を行わない。
iv. アカウントを第三者に譲渡、貸与等しない。
v. アカウント情報は、個人の責任において管理し、機密を保持する。アカウントが他人により利用された形跡を発見した際には、ただちに当社に通知する。

6. 本サービスを向上するため、事前の通知を経ることなく、提供される機能が変更、追加、中止されることがあります。

7. 会員は、本サービスから提供される情報に広告が掲載される可能性、登録した電子メールアドレスに当社からのお知らせや広告が送信される可能性があることに同意したうえで、本サービスを利用します。

第4条(支払方法・利用期間)

1. α月額会員は、本サービスの利用料を、当社の定めるクレジットカードによって支払うものとします。

2. α月額会員から各クレジットカード会社への支払日は、α月額会員と会社間の契約の定めにより異なります。

3. α月額会員の本サービスの利用期間は、会員登録から1ヶ月を単位とし、第5条に定める解約手続きを取らない限り、自動的に更新されるものとします。会員登録時、および利用期間の更新時に、弊社よりクレジットカード会社へ会費を請求します。

4. 当社は本サイト上に事前に掲載したうえで、本サービスの利用料を変更できるものとします。

5. 友の会会員は、友の会の会費に本サービスの利用料が含まれているため、追加での支払いは必要ありません。友の会の会費・支払方法については、友の会の規約に別途記載するものとします。

6. 友の会会員の利用期間は、ゲンロン友の会の会期に準じます。友の会の会期が終了し、会員資格を次期に更新していない場合には、本サービスの利用資格も友の会会期の終了とともに失うものとします。

第5条(解約)

1. α月額会員は、当社の定める方法により会員解約の意思を示し、会員登録を解約することができます。α月額会員は、会員登録が解約されない限り、利用期間が自動的に更新されるものとします。

2. 友の会会員は、本サービスを利用している場合は、ゲンロンαの会員登録のみを解除することはできません。

3. α月額会員については、解約手続きは、ウェブサイトの所定のフォームまたは電子メールを用いて行うものとします。別途定めがある場合を除き、α月額会員および第三者からの電話、郵便、訪問による解約手続きは受け付けません。

4. α月額会員については、解約手続きが完了した場合でも、解約手続き完了日が属する月の利用料が発生します。本サービスの性質上、返金はできません。

5. α月額会員については、解約手続きが完了したあと、解約手続き完了日が属する月のあいだであっても、本サービスを利用することはできません。

6. 友の会会員については、第4条6項の定めるとおり、友の会会員が会期を更新しなかった場合は会期終了時点をもって、または友の会会員が会期中に途中退会した場合はその時点をもって、弊社が発行したIDは無効とるものとします。α月額会員として本サービスの利用を希望される場合は、あらためてユーザー登録と支払いが必要です。

第6条(会員種別の変更)

α月額会員がゲンロン友の会に入会する場合は、α月額会員としてIDを継続して利用することができるものとします。友の会に入会以降は、α月額会員としての利用料は請求されません。ただし、すでに支払ったα月額会員としての利用料の返金を要求することはできません。

第7条(本サービスの変更・停止・終了)

当社は、会員へ事前に通知することなく、本サービスを変更、停止、終了することがあります。

第8条(コンテンツの利用)

1. 会員は、本サービスを通じて閲覧したコンテンツを個人的な目的にのみ利用するものとし、商業目的で不特定多数に閲覧させることや、譲渡、貸与、複製、公衆送信することなどはできません。

2. 会員が本サービスを通じて投稿および表示するコメント、回答したアンケート等(以下、「ユーザーコンテンツ」といいます)は、以下の条件に従うものとします。

ⅰ. ユーザーコンテンツには、多くの個人によって発信される情報が含まれます。当社は特定の情報についてそれを支持することはありません。会員は、ユーザーコンテンツを自らの判断と責任のもと、閲覧・利用することに同意します。
ⅱ. 会員は、自身が本サービスで投稿したユーザーコンテンツについて、第三者の権利を侵害せず、また、法令等にも違反しないようにすることを保証します。これらの権利または法令等には、著作権等の知的財産権やプライバシー権を含みますが、これらに限定はされません。
ⅲ. 当社は本サービスをユーザーのみなさまに快適にご利用いただくため、本規約に違反する場合、または本サービスと無関係な内容である場合など、当社の判断により本サービス上の記事ページやユーザーコンテンツを削除することがあります。
ⅳ. 当社はユーザーコンテンツに規約違反があった場合、権利侵害、誹謗中傷等を受けた当事者からの通報があった場合、事前通告なく削除することがあります。

第9条(著作権等)

1. 本サービスに関わる著作権、商標権その他の一切の知的財産権およびその他の財産権はすべて当社に帰属します。

2. コンテンツに関わる著作権、著作権、商標権その他の一切の知的財産権およびその他の財産権はすべて当社または正当な権利を有する第三者に帰属します。

3. ユーザーコンテンツに関わる著作権、商標権その他の一切の知的財産権およびその他の財産権は、すべて投稿者に帰属します。ただし会員は、当社および当社から権利を承継しまたは許諾されたものに対して、ユーザーコンテンツの国内外における複製、公衆送信、頒布、翻訳・翻案等、著作権法上の権利(当社から第三者に対する再使用許諾権を含みます。)を、当該著作権の存続期間の満了日まで、無償で利用することを許諾したものとします。また、ユーザーは著作者人格権を行使しないものとします。

第10条(禁止事項)

会員は本サービスの利用にあたり、以下の行為を自ら、または第三者を通じて行わないものとします。

i. 本サービスのコンテンツを、著作権法で認められた範囲を超えて、複製、出版、公表、譲渡、公衆送信、改変する行為。
ii. 自動化された手段(ロボット、ボットネット、スクレーパなど)を用いて、本サービスにアクセスする行為。
iii. 当社または正当な権利を有する第三者の著作権、知的所有権を侵害する行為または侵害する恐れのある行為。
iv. 当社の通信設備、コンピューター、その他の機器およびソフトウェアに不正にアクセスする行為。その利用もしくは運用に支障を与える行為または与える恐れのある行為。
v. 当社の明示的な書面承諾なくして、本サービス中のいかなる個別部分もしくは資料、当社および本サービスの名前、いかなる当社の商標、ロゴまたはコンテンツ、いかなるページもしくはページに含まれるフォームのレイアウトおよびデザインを使用、表示、ミラー、フレームまたはフレーム技術を使用しエンクローズする行為。
vi. 本サービスで不正な商用メッセージ(迷惑メールなど)を投稿する行為。
vii. 本サービスで、非合法なマルチ商法などを実施する行為。
viii. ウイルスまたはその他の悪質なコードをアップロードする行為。
ix. 他の会員のログイン情報を求め、他人のアカウントにアクセスする行為。
x. 当社のソースコードの改変や派生物の作成、デコンパイル、その他の操作行為。
xi. 他の会員および一般ユーザーに対するいじめ、誹謗中傷、脅迫、嫌がらせ、差別にあたる行為。
xii. 上記各号のほか、法令に違反する行為、本規約の違反を助長または推奨する行為、本サービスの運営を妨害する行為、当社の信用を毀損し、または当社の財産を侵害する行為、当社に不利益を与える行為、その他当社が本サービスの利用目的から鑑みて不適切と判断する行為。

第11条(個人情報保護)

当社は、会員のプライバシーや個人情報を、当社個人情報保護方針に則って扱います。

第12条(免責)

1. 当社は会員に対し、本サイトの一切の動作保証を行わず、いかなる責任も負いません。

2. 本サービスの提供する情報の完全性、真実性、正確性、合法性等に当社は一切の責任を負いません。

3. 当社は、本サービスおよびコンテンツが第三者の知的財産権その他の権利を侵害していないことを保証するものではありません。

4. 当社は、天災地変その他不可抗力(回線の輻輳、回線の障害、サーバーダウン等を含みますが、これらに限られません)により生じた損失につき、何らの責任も負わないものとします。

5. 本規約又は本サービスに起因する当社の合計損害賠償額は、ユーザーが過去1ヵ月間に当社に支払った金額を超えないものとします。

第13条(退会手続)

1. 会員が退会を希望する場合は、当社所定の退会手続を行うものとします。

2. 会員が退会手続を完了した場合、また当社とユーザーとの間の本規約に基づく契約が終了した場合であっても、第8条から第15条については、なお有効とします。

第14条(準拠法)

本規約は、日本法に準拠し、日本法に基づき解釈されます。

第15条(専属的合意管轄裁判所)

本規約に関する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

附則
2020年4月1日制定