【書評】「経験と思索は単純な因果関係にあるわけではない」ーー『新潮 2020年6月号』に掲載(評者:岡田利規氏)

ゲンロンα 2020年5月7日 配信

『新潮 2020年6月号』にて、プラープダー・ユン『新しい目の旅立ち』の書評が掲載されました。
評者は岡田利規(演劇作家・小説家・チェルフィッチュ主宰)さんです。

「難解な哲学書を読むことが、それを著した人の到達した後方のそそり立つ頂を仰ぎ見るようなことについなりがちであるとすると、『新しい目の旅立ち』の思索を読むことは著者プラープダー・ユンと共に山道を一歩一歩、無理のないペースで進んでいく、その行程自体を楽しむことだと言える。」

プラープダーの旅や思考の過程について親近感を述べつつ、ご自身のスタンスと比較しながらとても丁寧な評を寄せてくださっています。

ぜひ、お手にとってご覧ください。

掲載誌(『新潮 2020年6月号』、新潮社)
https://www.shinchosha.co.jp/shincho/backnumber/20200507/


 

新しい目で世界を見るため、内的な旅へ。


新しい目の旅立ち』プラープダー・ユン 著|福冨渉 訳
2020年2月5日刊行 ゲンロン叢書004 ハードカバー・四六判変形
本体256頁 ISBN:978-4-907188-34-4

ゲンロンショップ:物理書籍版電子書籍(ePub)版
Amazon:物理書籍版電子書籍(Kindle)版

NEWS

連載

ゲンロンβ