【書評】「テロの時代におけるスピノザ」ーー『週刊読書人 2020年5月15日号』に掲載(評者:池田雄一氏)

ゲンロンα 2020年5月15日 配信

『週刊読書人 2020年5月15日号』にて、プラープダー・ユン『新しい目の旅立ち』の書評が掲載されました。
評者は批評家の池田雄一さんです。

「テロの時代におけるスピノザ タイ・ポストモダンの旗手による哲学的エッセイ・旅行記」と題し、
「旅の記録と、哲学的思索が交互に繰り広げられている」と本書の内容を詳細に取り上げていただきました。

ぜひ、お手にとってご覧ください。


『週刊読書人 2020年5月15日号』掲載


 

新しい目で世界を見るため、内的な旅へ。


新しい目の旅立ち』プラープダー・ユン 著|福冨渉 訳
2020年2月5日刊行 ゲンロン叢書004 ハードカバー・四六判変形
本体256頁 ISBN:978-4-907188-34-4

ゲンロンショップ:物理書籍版電子書籍(ePub)版
Amazon:物理書籍版電子書籍(Kindle)版

NEWS

連載

ゲンロンβ