東浩紀×藤田孝典「コロナ禍で見えた数値化できないリスク」ーー『AERA 2020年5月25日号』対談記事掲載

ゲンロンα 2020年5月21日 配信

朝日新聞出版の雑誌『AERA 2020年5月25日号』第2特集「新型コロナウイルス」にて、東浩紀と藤田孝典氏との対談が掲載されています。

オンラインで行われた対談のタイトルは「東浩紀×藤田孝典 コロナ禍で見えた数値化できないリスク」。
4ページ以上にわたり、フルカラーで大きく掲載されています。

コロナ禍で浮き彫りとなったさまざまな問題、数値では表せない社会の苦しみや、加速した「オンライン階級」への危惧などについて意見を述べています。
東と藤田氏が語る、多様な人がいる社会全体で今もっとも見つめ直すべきこととは。

記事は下記リンクからも一部、お読みいただけます。
ぜひご覧ください。

記事URL(AERA.dotのサイトへ)
https://dot.asahi.com/aera/2020052000030.htmlhttps://dot.asahi.com/aera/2020052000030.html

掲載誌(『AERA 2020年5月25日号』、朝日新聞出版)
https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=21911

NEWS

連載

ゲンロンβ