【書評】『新対話篇』『哲学の誤配』(評者=斎藤哲也 氏)――『文學界 2020年8月号』に掲載

ゲンロンα 2020年7月9日 配信

『文學界 2020年8月号』に、東浩紀『新対話篇』、『哲学の誤配』の書評が掲載されました。評者は、斎藤哲也氏です。

ゲンロンカフェを、哲学の起源である古代ギリシアの「おしゃべりの場」(『哲学の誤配』)として運営しているという東の議論をうけて、「特筆すべきは、東は誤配が起きやすいように、能動的に『時間無制限』のおしゃべりの場を設計していることである。『新対話篇』は、ソクラテスの対話をやりなおす東が実践してきた、選りすぐりの能動的誤配録なのだ」と、2冊の魅力をご紹介されています!

『文學界 2020年8月号』(文藝春秋のサイトへ):https://www.bunshun.co.jp/business/bungakukai/backnumber.html?itemid=149&dispmid=587


ソクラテスの対話をやりなおす――
哲学と芸術の根本に立ち返った本格対談集


ゲンロン叢書006 東浩紀『新対話篇
2020年5月1日刊行 ソフトカバー・四六判 本体384頁
ISBN:978-4-907188-36-8

ゲンロンショップ:https://genron.co.jp/shop/products/detail/272
Amazon:https://amzn.to/3cJSvHr

【目次】

はじめに
草木の生起する国 梅原猛
テロの時代の芸術 鈴木忠志 司会=上田洋子
SFから神へ 筒井康隆
種の慰霊と森の論理 中沢新一
文学と政治のあいだで 加藤典洋
正義は剰余から生まれる 國分功一郎
デラシネの倫理と観光客 五木寛之+沼野充義
歴史は家である 高橋源一郎
国体の変化とジェンダー 原武史
生きることとつくること 柳美里+飴屋法水


誤配とは自由のことである――
近くて遠い読者に向けたインタビュー&講演録


ゲンロン叢書007 東浩紀『哲学の誤配
2020年5月1日刊行 ソフトカバー・四六判 本体208頁
ISBN:978-4-907188-37-5

ゲンロンショップ:https://genron.co.jp/shop/products/detail/273
Amazon:https://amzn.to/34WvpKM

【目次】

はじめに 東浩紀
第1の対話 批評から政治思想へ
第2の対話 哲学の責務
講演 データベース的動物は政治的動物になりうるか
解説 東浩紀との出会い パク・カブン
日本語版刊行によせて 安天

NEWS

連載

ゲンロンβ