東浩紀「耳を傾けすぎたGoToトラベル 政策に反映される不統一な認識」――『AERA 2020年8月3日号』巻頭エッセイ「eyes」掲載

ゲンロンα 2020年7月27日 配信

朝日新聞出版の雑誌「AERA」の巻頭エッセイコーナー「eyes」に、東浩紀が隔週で連載中です!

最新号『AERA 2020年8月3日号』の記事は、「耳を傾けすぎたGoToトラベル 政策に反映される不統一な認識」です。

「民主主義の根幹は政治が民意に耳を傾けることにある。それは正しいが、民意がひとつとは限らない。矛盾する民意が乱立しころころ変わるとすれば、政策に一貫性はなくなる。国民のコロナ認識はいまだ統一されていない。いまはその不統一がそのまま政策に反映してしまっているのだ。」と、前回に引き続き「民意に耳を傾けすぎる政府」について意見を述べています。

ぜひお手にとってご覧ください。

掲載誌(『AERA 2020年8月3日号』、朝日新聞出版)
https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=22100

過去の記事はこちらよりお読みいただけます(アエラドットのサイトへ):https://dot.asahi.com/keyword/%E6%9D%B1%E6%B5%A9%E7%B4%80/

NEWS

連載

ゲンロンβ