『新しい街 ヴィル・ヌーヴ』9月12日より渋谷シアター・イメージフォーラムにて公開決定!9月5日より同会場にて前夜祭イベントも開催!

ゲンロンα 2020年8月3日 配信

ヴェネチア映画祭にて世界プレミア、その後アヌシー、ザグレブ、オタワなど名だたる映画祭にてコンペティション上映されたカナダの長編アニメーション映画『新しい街 ヴィル・ヌーヴ』が、渋谷シアター・イメージフォーラムで9月12日(土)より上映される。本作はその後、大阪 テアトル梅田、京都 出町座、長野 上田映劇など全国で公開予定。

また、世界の“独立”系アニメーション作品を特集する前夜祭企画も9月5日(土)より同劇場にて開催される。『新しい街 ヴィル・ヌーヴ』と同じくインディペンデントに製作されつつも、世界的に高い評価を受ける4作品を上映する。独立が重要なモチーフとなっている『新しい街 ヴィル・ヌーヴ』の公開を記念するとともに、新しいアニメーションの潮流を作り出している作品を一望できるチャンスだ。

『新しい街 ヴィル・ヌーヴ』
<あらすじ>
アル中の詩人ジョゼフは、思い出の地「ヴィル・ヌーヴ(新しい街)」に別れた妻エマを呼び出す。うまくいきそうに思えた二人だったが、独立運動の高まりとともに、その関係に新たな波乱が巻き起こる。

<作品情報>
『新しい街 ヴィル・ヌーヴ』
9月12日よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開!
監督:フェリックス・デュフール=ラペリエール
出演:
ロベール・ラロンド、
ジョアンヌ=マリー・トランブレ、
テオドール・ペルラン

©L’unité centrale

【配給・宣伝】ニューディアー
【宣伝協力】VALERIA
【配給協力】植田さやか
【後援】カナダ大使館
【協力】ケベック州政府在日事務所
【字幕協力】新千歳空港国際アニメーション映画祭
【公式サイト】 http://newdeer.net/ville

 

前夜祭企画「世界の名作”独立”系アニメーション特集」
2020年9月5日(土)〜11日(金)渋谷シアター・イメージフォーラム 各日21:00より上映

<上映作品>
9月5日(土)・9日(水)『父を探して』(アレ・アブレウ監督/ブラジル/2013年/80分)アカデミー賞長編アニメーション部門ノミネート作品

9月6日(日)・10日(木)『明日の世界 ドン・ハーツフェルト作品集』(ドン・ハーツフェルト監督/アメリカ/2012〜2015年/計79分)アカデミー賞短編アニメーション部門ノミネート作品

9月7日(月)・11日(金)『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』(セバスチャン・ローデンバック監督/フランス/2016年/76分)

9月8日(火)『コンシューミング・スピリッツ』(クリス・サリバン監督/アメリカ/2012年/136分)

<料金>一般1,300円/学生・シニア・会員・サービスデー1,200円
特別割引:『新しい街 ヴィル・ヌーヴ』の前売鑑賞券をお持ちの方は特別価格1,000円にてご鑑賞いただけます!

『父を探して』

『明日の世界 ドン・ハーツフェルト作品集』

【シアター・イメージフォーラム 公式サイト】 http://www.imageforum.co.jp/theatre/

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ