【『新写真論』紹介】「時間とともに変化する意味」(評者:タカザワケンジ)――『週刊読書人 2020年12月18日号』に掲載

ゲンロンα 2020年12月24日 配信

『週刊読書人 2020年12月18日号』に掲載の総特集「二〇二〇年回顧」の中の、写真評論家・タカザワケンジさんによる記事「時間とともに変化する意味――写真の特性と時代の流れ」において、大山顕さんの『新写真論 スマホと顔』が紹介されました!

今年出版された写真に関する書籍の数々とともに、コロナ禍の1年を振り返る記事となっております。

ぜひお手にとってご覧ください!

読書人オンラインショップはこちら:https://dokushojin.stores.jp/news/5fd98f588a4572552681890a

「顔」と「指」から読み解くスマホ時代の写真論

ゲンロン叢書|005
『新写真論──スマホと顔』

大山顕 著

¥2,400+税|四六判・並製|本体320頁(カラーグラビア8頁)|2020/3/24刊行

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ