展覧会「NITO04」1月16日(土)より「アート/空家 二人」にて開催。

ゲンロンα 2021年1月7日配信

【展示概要】

アーティストが作品を1万円から販売し、購入されるごとに次回作の価格が上がっていくという方法で行う4回目の展覧会です。今回は1~4万円の価格帯です。

作品を売りつづけること(アーティストとして生計を立てること)の難しさや、「作品とはなにか」といった根本的な問いが、回を増す毎に展覧会のなかで剥き出しになっています。参加アーティストたちはそこに真っ向から対峙し、今回も熱量の高い展覧会となっています。

今回から新たに鈴木諒一と藤倉麻子の2名が参加します。
鈴木は本を接写した作品など、主に写真作品を制作し、「VOCA展 2019」(上野の森美術館)にも選出されております。
藤倉は製品や建造物などが織りなす特異な世界を3DCGで描く映像作品で知られ、2021年1月からNTT ICCで開催される「多層世界の中のもうひとつのミュージアム——ハイパーICCへようこそ」にも出展を予定しています。

また、今回から、「NITO Comment Card」というカードを販売します。カードには感想など、自由に書いていただき、それを届ける出展作家を指定してもらいます。販売額は1枚300円(2枚目以降は250円)で、アーティストはその内200円をカードとともに受け取ります。

医療機関が逼迫され大変な時期ではありますが、作品鑑賞が未来を照らし、少しでも息抜きとなることを願い、感染予防対策を講じた上で開催いたします。

NITO04
会期:2021年1月16日(土)-2月8日(月)
※会期中の金、土、日、月、祝日のみ営業
11時-19時

1月16日に行う予定でした田上碧のパフォーマンスは、
情勢を鑑みた作家からの申し出があり、中止としました。
出展予定の作品もパフォーマンスと連動しており、出展も辞退となります。
ご期待いただいた方には申し訳ありません。

WEB:https://nito20.com

場所:「アート/ 空家 二人」
東京都大田区蒲田3丁目10-17
京浜急行 梅屋敷駅 徒歩6分、京急蒲田駅 徒歩8分、JR・東急蒲田駅東口 徒歩13分
※道幅が狭いため、車でお越しの際は近くに駐車お願いいたします。

【参加作家】
Aokid、 伊阪柊、 内田涼、 久留島咲、 坂本夏海、 迫鉄平、 鈴木諒一、だつお、 鄭梨愛、 藤倉麻子、 本間メイ、 前田耕平、 森山泰地

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ