【書評】辻田真佐憲+西田亮介『新プロパガンダ論』(評者:橋爪大三郎)――『毎日新聞』2021年2月20日号に掲載

ゲンロンα 2021年2月26日 配信

『毎日新聞』2021年2月20日号の書評コーナー「今週の本棚」に、辻田真佐憲さんと西田亮介さんの共著『新プロパガンダ論』の書評が掲載されました!評者は社会学者の橋爪大三郎さんです!

「選挙を仕切る広告代理店が、政府や自民党のPRを請け負う。でも広告代理店は、政治の本質をわかっていない。そこでうまれる勘違いやチグハグを、両者が鋭く分析する」と、推薦のコメントをいただきました!

ぜひご覧ください!

記事は以下のリンク先からもご覧いただけます。(毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20210220/ddm/015/070/007000c

政治の戦場はいまや噓と宣伝のなかにある

ゲンロン叢書|008
『新プロパガンダ論』

辻田真佐憲+西田亮介 著

¥1,800+税|四六判・並製|本体256頁|2021/1/28刊行

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ