【『新復興論 増補版』紹介】「形式的な『節目の年』を越えて」(西田亮介)――『Voice 2021年5月号』に掲載

ゲンロンα 2021年4月20日 配信

PHP研究所刊行の『Voice 2021年5月号』に掲載されている西田亮介さんの論説「形式的な『節目の年』を越えて」にて、小松理虔さん『新復興論 増補版』(ゲンロン叢書009)を取り上げていただきました!

東日本大震災から10年、大佛次郎論壇賞を受賞した『新復興論』に、新たに「共事」の概念を提示して加えた増補新版の本書について、「たんに政治的、社会的正しさの観点から形式的に復旧・復興の重要性を説いたり、『断固としたメッセージ』を繰り返すわけでもない『別のありかた』の萌芽を小松の新著にみた。」とご紹介いただいております。

ぜひ『新復興論 増補版』とあわせてお読みください。

掲載誌(『Voice 2021年5月号』)
https://www.php.co.jp/magazine/voice/?unique_issue_id=12521

「本書は、この増補によってようやく完結する」。

ゲンロン叢書|009
『新復興論 増補版』

小松理虔 著

¥2,750|四六判・並製|本体448頁+グラビア8頁|2021/3/11刊行

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ