東浩紀「強行開催される東京五輪 プランBの策定と公表を」──『AERA 2021年7月12日』巻頭エッセイ「eyes」掲載

ゲンロンα 2021年7月6日 配信

朝日新聞出版の雑誌『AERA』の巻頭エッセイコーナー「eyes」に、東浩紀が隔週で連載中です!

『AERA 2021年7月12日』の記事は、「強行開催される東京五輪 プランBの策定と公表を」です。

今回の東京五輪では、日本社会がプランBの策定を厭うことが様々な点で明らかになった。この事件も一例だ。」と、入国した選手団の新型コロナ陽性が判明した後の対応について、次善策が存在しなかったことを指摘しています。

どうぞご覧ください。

掲載誌(『AERA 2021年7月12日』、朝日新聞出版)
https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=23010

記事はこちらからもお読みいただけます(アエラドットのサイトへ):https://dot.asahi.com/aera/2021070500046.html

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ