【 #ゲンロン友の声】小松さんの文章には考えさせられた

<『ゲンロンβ2』読者の声>
 親族に熊本で被災した者がいるので、小松さんの文章には考えさせられた。被災地を応援しようという「善意」が、長期的に見ればかえって当事者を困窮させてしまうという事態に、問題の根深さを感じた。

 小松理虔さんは『ゲンロンβ」の良心ですね。地に足のついた活動、政治に対する(いい意味で)冷めた視線、公正への鋭い感覚。彼のような書き手がいたことは、浜通りにとって大きな財産だと思います。ゲンロンはこれからも微力ながら小松さんの活動を応援していくつもりです。7月末にはゲンロンカフェにお呼びします!(東浩紀)
+ その他の記事

1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。株式会社ゲンロン創業者。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(新潮社、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(講談社現代新書)、『クォンタム・ファミリーズ』(新潮社、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(講談社)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(ゲンロン、第71回毎日出版文化賞 人文・社会部門)、『ゆるく考える』(河出書房新社)、『ゲンロン戦記』(中公新書ラクレ)ほか多数。

ゲンロンに寄せられた質問に東浩紀とスタッフがお答えしています。
ご質問は専用フォームよりお寄せください。お待ちしております!

注目記事

ゲンロン友の声・アーカイブ

ピックアップ

NEWS

関連記事