【 #ゲンロン友の声】観光客の哲学にとってテロリズムとは

『ゲンロン0』が待ち遠しくて仕方ないです。ところで、観光客の哲学にとって、テロリズムや現実のテロ事件とはどのように解釈されうるのでしょうか。これを書いている今(3/22)、ロンドンでテロが発生したと速報が来ました。国内外ともにすっかり暗くなってしまった今、『ゲンロン』シリーズを読み続けることでなんとか活力を得ていきたいと思う今日この頃です。(埼玉県, 20代男性, 友の会会員)

 応援、ありがとうございます。テロについてですが、今回のロンドンテロについてはまだ詳細がわかりません。ただ、この数年見られた顕著な傾向は、たしかにテロは起きているのだけど、その動機を見ると驚くほど「浅い」という現象だったと思います。ホームグロウン・テロリストやローンウルフと呼ばれる人々は、明確な組織的背景なく、個人でISISの動画などにたどり着き、個人的な不満をぶつけるかたちでテロ行為に身を投じます。そのような行為の理由を分析するためには、従来の政治思想の枠組みそのものを疑わなければならない。——そんな話を『ゲンロン0』ではしています。ご期待ください。(東浩紀)
+ その他の記事

1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。株式会社ゲンロン創業者。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(新潮社、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(講談社現代新書)、『クォンタム・ファミリーズ』(新潮社、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(講談社)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(ゲンロン、第71回毎日出版文化賞 人文・社会部門)、『ゆるく考える』(河出書房新社)、『ゲンロン戦記』(中公新書ラクレ)ほか多数。

ゲンロンに寄せられた質問に東浩紀とスタッフがお答えしています。
ご質問は専用フォームよりお寄せください。お待ちしております!

注目記事

ゲンロン友の声・アーカイブ

ピックアップ

NEWS

関連記事