余は如何にして「トップ・シラサー」となりし乎|辻田真佐憲

ゲンロンα 2021年1月15日配信
 2020年10月19日の「シラス」正式オープンから、まもなく3ヶ月を迎えます。株式会社ゲンロンが中心となって開発したこのプラットフォームでは、ゲンロンカフェからの放送を配信する「ゲンロン完全中継チャンネル」だけでなく、ほかにも多くの専門家やアーティストのみなさまが運営するチャンネルをつぎつぎと開設し、番組を放送しています。2021年1月15日現在、ゲンロン以外のチャンネル数は6、それを視聴する登録ユーザーのみなさまの数は8700人となっています。
 今日は、シラスのオープン3ヶ月を記念して、名実ともに「トップ・シラサー」の座に君臨する辻田真佐憲さんにご寄稿いただきました。ゲンロン以外のシラス開設チャンネルのなかで最大の購読者数を誇る「辻田真佐憲の国威発揚ウォッチ」の開設に至った経緯、あの「神回」の裏側、チャンネルと番組のこれからまで、ざっくばらんに書いていただきました。シラスをご覧のみなさま、そしてシラサーのみなさま、どうぞお楽しみください!
 また辻田さんと、同じくシラスでチャンネル「Riding On The Politics」を開設された西田亮介さんとの共著『新プロパガンダ論』も予約受付中です。現在、期間限定のサイン本キャンペーン中。辻田さんのご寄稿や配信に触れて興味をもたれた方は、ご著書もぜひお手にとってみてください。(編集部)

 

 こんにちは、シラスで「辻田真佐憲の国威発揚ウォッチ」を開いている辻田です。昨今では、ユーチューバーにならってシラサーとも言われています。今回は、約1ヶ月半に及びつつある “シラス配信体験” のレポートをみなさんにお届けします。

 さっそくですが、われわれシラサーにとって、シラスとはなんでしょうか。それは、文化人的な仕事を側面支援してくれる、非常に魅力的なプラットフォームだと断言できます。

 わたしは先日、弓指寛治さん、東浩紀さんとの鼎談イベント「幻影としての満州を描く──『マジック・マンチュリア(導入)』展開催記念」のために、急遽、長野県阿智村の満蒙開拓平和記念館と、水戸市の内原郷土義勇軍資料館および加藤完治記念館に足を運びました。

 ゲンロンカフェの出演料はけっして悪くないのですが、ここまで遠征するとさすがに赤字になってしまいます。ところが、シラスのおかげで、そんなことを気にせず、自由自在に取材できました。また参考文献も買い放題でした。イベントのクオリティー向上にも、これで多少なりとも貢献できたのではないかと思います。

 つまるところシラスは、われわれの仕事全般を下支えしてくれる、とてもありがたい存在なのですね。取材費や資料代をふんだんに出してくれていた、かつての出版社の代わりとも言えるかもしれません。

 

 それだけではありません。チャンネル登録者や番組視聴者がたくさん増えれば、配信だけで生活できる可能性さえ開けてきます。まさに「好きなことで生きていく」の世界ですが、ユーチューブとちがってすべて有料なので、たとえ政治ネタを扱うにしても、「中国が攻めてきて日本崩壊!?」など厳しめのタイトルで煽って、細かいアクセス数を積み重ねていかなくてもよいのです。

 アカデミズムもジャーナリズムも貧窮化が著しい今日にあって、シラスは希望の光となるのではないでしょうか。あくまで1ヶ月半の体験にすぎませんが、いまはそれが率直な感想です。
 

「国威発揚ウォッチ」オープン記念放送(2020年11月27日配信)のバナー

+ その他の記事

1984年大阪府生まれ。文筆家、近現代史研究者。慶應義塾大学文学部卒業。同大学大学院文学研究科中退。著書に『日本の軍歌』、『ふしぎな君が代』、『大本営発表』、『天皇のお言葉』(以上、幻冬舎新書)、『文部省の研究』、『古関裕而の昭和史』(以上、文春新書)、『空気の検閲』(光文社新書)、『たのしいプロパガンダ』(イースト新書Q)など。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ

関連記事