ホーム 著者 #

渡邉大輔

1982年生まれ。映画史研究者・批評家。専攻は日本映画史・映像文化論・メディア論。現在、跡見学園女子大学文学部専任講師、日本大学芸術学部・明治学院大学文学部非常勤講師。2005年、東浩紀主宰のメールマガジン『波状言論』でデビュー。以後、映画評論、映像メディア論を中心に、文芸評論、ミステリ評論などの分野で批評活動を展開。著作に『イメージの進行形』(人文書院)、共著に『日本映画の海外進出』(森話社)、『映画監督、北野武。』(フィルムアート社)、『1990年代論』(河出書房新社)、『リメイク映画の創造力』(水声社)など多数。