『新写真論』より 「写真を変えた猫」|大山顕

初出:2018年11月22日刊行『ゲンロンβ31』
 2020年5月27日から、ゲンロンαでは購読者のみなさまから寄せられました、ねこ写真を掲載する新企画「写真を変えるねこたち」がスタートいたします。

「写真を変えるねこたち」の発端は大山顕さんの『新写真論』に掲載された章「写真を変えた猫」です。「写真を変えるねこたち」スタート記念として、こちらの「写真を変えた猫」を特別に無料公開いたします。
 なぜひとは、ねこ写真を撮りたがるのか。大山さんが鋭く分析しています。(編集部)

ネットに最適化した生き物

 猫を飼う人の気が知れない。こう言うと、多くの愛猫家は真顔でこう返す。違う、猫が私を飼っているのだ、と。家畜にしろ園芸作物にしろ、人間に「飼われている」生物はなんらかの形で人間に恩恵をもたらしている。ところが猫だけは例外だ。いくつかの研究によれば、猫が提供する唯一の実用的サービスと思われてきたネズミ退治すら、じつはたいして実行されていなかったという★1。基本的に人間が猫から得るものは何もない。少なくとも実利的なものは一切。やっかいごとはたくさんもたらすが。おそらく愛猫家の多くはこれを否定しないだろう。それどころか、だからこそ猫を愛することは尊いのだ、と自信に満ちた表情で断言するに違いない。つくづく気が知れない。

 この不思議な習性(不思議なのは猫ではなくて人間のほうだ)は、猫が媒介する寄生生物によって「マインドコントロール」された結果ではないかという奇説がある★2。脳に住み着くこの原虫に感染したネズミは猫に対する恐怖心を失い、引きつけられるそぶりすら見せ、結果として餌食になる確率が高まるというのだ。この寄生生物は、現在世界の三人にひとりの人間の脳にいるという。実用を超越している猫をわざわざ好き好んで飼う人間が世界中にたくさんいる不合理を考えると、この説を信じたくなるというものだ。

 なぜ猫の話をしているのか。それは、現在のネット上の画像・映像は猫に支配されているからだ。

 現代の写真論は、もはや猫を避けて通ることができない。特に猫が好きというわけではないぼくのタイムラインにも、猫写真は定期的に流れてくる。インスタグラムには飼い猫と野良猫の写真があふれている。#cat のハッシュタグが付いた写真は、2019年12月の時点で、なんと1億9千万以上もある。Lil BUB という、インスタグラムで240万以上、ツイッターでは84万以上のフォロワー(いずれも2019年12月)を持っている猫や★3、ユーチューブで動画の累計再生回数が3億回を突破した「まる」など、ネット上にはスター猫がたくさんいる。2012年に Google のXラボにおいて、 AIが人間に教えられることなく独力で認識するのにいたったのは、猫の画像だった。これは、ユーチューブから切り出した大量の静止画像を巨大なニューラルネットワークに機械学習させた結果で、つまりユーチューブは猫だらけということだ。インターネットの父と呼ばれるティム・バーナーズリーは「現在、人々がインターネットを使う理由になっているもので、まったく予想していなかったものは何か」と聞かれて「子猫」と答えている。ぼくは一時期、写真ワークショップを頻繁に行なっていた。被写体のテーマを決め、それを探して街を歩くのだが、脱線して野良猫を撮る参加者があまりにも多いので、あるときから「猫禁止」のルールを設定するようになった。

 なぜ人はこんなにも猫を撮るのだろう。単純に「かわいいから」だろうか★4。確かにかわいいものは撮りたくなる。ぼくはこのことが最近までよくわからなかったが、子供が生まれて理解できるようになった。そして「かわいがる」という曖昧な行為を写真撮影はわかりやすくしたのだ、と思いいたった。今や「かわいがる」は「写真を撮る」ことに代表される。写真の登場以前と以後で「かわいい」の性質は大きく変わったはずだ。写真によって「かわいさ」はもっぱら視覚的なものになったのではないか。

 いずれにせよ、「かわいいから」だけでは現在の猫画像の隆盛は説明できない。フィルムの時代から子供の写真は撮られてきたが、猫は今ほどではなかった。飼い猫の数自体が増えているので、単純に比較はできないが。以前ゲンロンカフェで東浩紀との対談中、猫はネットに最適化した生き物だ、という話題で盛り上がったことがある。ポイントは、SNS以前には、今ほど猫画像がネットにあふれていなかったということだ。おそらく、猫はSNS向きなのだ。だとすると、猫を通じてスマートフォンの写真を論ずることができるかもしれない。

+ その他の記事

1972年生まれ。写真家/ライター。工業地域を遊び場として育つ・千葉大学工学部卒後、松下電器株式会社(現 Panasonic)に入社。シンクタンク部門に10年間勤めた後、写真家として独立。執筆、イベント主催など多様な活動を行っている。主な著書に『工場萌え』(石井哲との共著、東京書籍)『団地の見究』(東京書籍)、『ショッピングモールから考える』(東浩紀との共著、幻冬舎新書)、『立体交差』(本の雑誌社)など。2020年に『新写真論 スマホと顔』(ゲンロン叢書)を刊行。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ