『新写真論』より 「写真を変えた猫」|大山顕

 
初出:2018年11月22日刊行『ゲンロンβ31』

 2020年5月27日から、ゲンロンαでは購読者のみなさまから寄せられました、ねこ写真を掲載する新企画「写真を変えるねこたち」がスタートいたします。

「写真を変えるねこたち」の発端は大山顕さんの『新写真論』に掲載された章「写真を変えた猫」です。「写真を変えるねこたち」スタート記念として、こちらの「写真を変えた猫」を特別に無料公開いたします。
 なぜひとは、ねこ写真を撮りたがるのか。大山さんが鋭く分析しています。(編集部)

 

ネットに最適化した生き物


 猫を飼う人の気が知れない。こう言うと、多くの愛猫家は真顔でこう返す。違う、猫が私を飼っているのだ、と。家畜にしろ園芸作物にしろ、人間に「飼われている」生物はなんらかの形で人間に恩恵をもたらしている。ところが猫だけは例外だ。いくつかの研究によれば、猫が提供する唯一の実用的サービスと思われてきたネズミ退治すら、じつはたいして実行されていなかったという★1。基本的に人間が猫から得るものは何もない。少なくとも実利的なものは一切。やっかいごとはたくさんもたらすが。おそらく愛猫家の多くはこれを否定しないだろう。それどころか、だからこそ猫を愛することは尊いのだ、と自信に満ちた表情で断言するに違いない。つくづく気が知れない。

 この不思議な習性(不思議なのは猫ではなくて人間のほうだ)は、猫が媒介する寄生生物によって「マインドコントロール」された結果ではないかという奇説がある★2。脳に住み着くこの原虫に感染したネズミは猫に対する恐怖心を失い、引きつけられるそぶりすら見せ、結果として餌食になる確率が高まるというのだ。この寄生生物は、現在世界の三人にひとりの人間の脳にいるという。実用を超越している猫をわざわざ好き好んで飼う人間が世界中にたくさんいる不合理を考えると、この説を信じたくなるというものだ。

 なぜ猫の話をしているのか。それは、現在のネット上の画像・映像は猫に支配されているからだ。

★1 アビゲイル・タッカー『猫はこうして地球を征服した──人の脳からインターネット、生態系まで』、西田美緒子訳、インターシフト、2017年。
★2 同書、第5章。